Bocharawitte
186cm x 116cm
KL10736

186cm x116cm | 1.57m2 | 6’1″x3’9″

ボ・シャラウィット
  • カラフルで美しい色使いが特徴の古布の裂織り・リサイクルラグです。
  • アラビア語で「ボ」はお父さん、「シャラウィット」は布きれの事。ボ・シャラウィットという可愛く不思議ななまえは、「布を集めたもの」というようないみを持ち、モロッコ中の田舎で織られています。
  • リサイクルやエコが注目されるずっと前から、田舎のモロッコ女性たちは、古着や古布をつかい美しいラグを織ってきました 。
  • 縦糸には、太く縒ったコットンを使い、裂き布の横糸を通し、毛足になる布を結びつけていきます。織り機自体も、適当な棒を使って組み立てることが多いので、サイズは適当。ウールを使ったラグの場合、ベルベル人の伝統的な柄が織り込まれることが多いのですが、ボ・シャラウィットは、即興的に自由にデザインされたものがほとんどです。
  • 素材は織り手自身や家族が着ていた古着。最近では売るためのボ・シャラウィットも織られますが、元々は家族で使うために織られてきたもの。ウールの細かな模様が織り込まれたラグが、嫁入り道具としてのよそ行きのラグだとしたら、ボ・シャラウィットは気取らない普段着のラグ。だからこそ、織り手の個性が自由に現れる、個性と魅力があります。
アップサイクル
  • “アップサイクル”という言葉をご存知ですか? “リサイクル”は古いものを単に再利用する事ですが、アップサイクルは古いものを使いオリジナルの上を行く、更に魅力的にされたもの、という意味です。
  • 古布、古い木、様々な古い素材は、新しいものよりも上質だったり、時間を経て良い色になっていたり、柔らかさを増していたり、新しいものよりも魅力的な事が多いです。
  • それらの素材を使って、今の暮らしに合う更に魅力的なものを作ろうと言うのがアップサイクル。織り手の女性たちは、「アップサイクル」とか「リサイクル」という言葉を意識していないと思いますが、ボ・シャラウィットラグもその一つです。
  • ボ・シャラウィットラグを手に入れたら、遠くからみて、雰囲気を楽しみ、座ってみて、触れてみて、そして使われている生地をじっくり観察してみてください。水玉が多かったり、キラキラひかる生地が使われていたり、一枚一枚個性があって面白いですよ。

お家で洗えます

  • ディアモロッコのボ・シャラウィットラグは、仕入れ後、全てクリーニングし、弱くなっている箇所などを修復しています。
  • ボ・シャラウィットラグは、古布で作られているため、ラグになる前に、何度も洗われて、既に落ちる色は落ち、縮んでいるので、これから色落ちする事も縮む事もありません。おうちで洗えます。
  • お天気の良い日に浴槽にぬるま湯を張り、手洗い様洗剤を適量加え、後はざぶざぶ押し洗い。
  • 小さいものは洗濯機の手洗いコースでも洗えますが、糸くずが大量に出るので、洗濯機の種類に寄っては難しいかもしれません。良くすすいだ後は、平らなところに干して下さい。ベランダの柵などでも大丈夫ですが、水がぼたぼた垂れるのでご注意を。 しっかり乾かして下さい。