Leave a comment

リビア山猫

リビア山猫

3月に美々を迎える前に、「仔猫の育て方」に関するサイトと、猫に関するKindle本を何冊か読んだのですが、

  • 家猫の祖先はリビア山猫である。
  • リビア山猫は、寒暖の差が激しい砂漠出身。
  • 水が少ないところの猫なので、水をあまり飲まなくても良い様に進化した。
  • 水が少ないところの猫なので、水が嫌い→お風呂が嫌い
  • 水が少ないところの猫なので、尿を凝縮して出す様に発達した

と色々なところに書かれているのですが・・・・

先日、うちのお手伝いさんと野生の猫の話をしていた際に、「モロッコの森の中にも、野生の猫が居るんです」と言う話になったので調べてみたところ、リビア山猫は、リビアだけではなく北アフリカ全般に分布しているのだそうです。

分布図を調べてみたところ、モロッコで言うと、砂漠と言うよりは、北アフリカの砂漠以外の部分、それほど乾燥していない、現代では森や農耕地帯になっているところに分布する様です。


(http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/df/Felis-silvestris2.png)

リビア山猫が家畜化し、家猫に変わって来たのは1万年以上前ですが、一万年前の北アフリカ、サハラ砂漠は森だったとどこかで読んだ様な気がします。(そのまた大昔は海でした)

その昔の北アフリカは割と水が豊富だった様ですし、砂漠ではなくて森の猫だったとしたら、「水が少ないところの猫だから」と言う説は、ちょっと怪しい気がするのですがどうなのでしょう。

砂漠には「砂猫」と言う別種の猫が居るそうです。

この間、モロッコの動物売ります買います掲示板をみていたら、売りに出ていたので驚きました・・・

可愛いですけれど、人には全く懐かないそうです。

買った人はどうするつもりなのでしょうね。。。。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/03/Curious_Sand_Kitten.jpg

モロッコ雑貨&インテリア ディアモロッコ

ディアモロッコ/アマゾン(バブーシュのみ)

彩りの街をめぐる旅 モロッコへ Morocco Guide Book (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー) 

モロッコのバラ色の街 マラケシュへ (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー)

Filed under:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください