comment 1

仔猫のミミ:はじめの10日間

3月1日

仔猫は、とあるペットショップからやってきました。

ブリーダーだと思ってアポを取り、指定された住所に行って見ると、そこは小さなペットショップでした。(モロッコでは良くある行き違いです)

狭い店内の小さなガラスケースの中には、仔猫、鳥、小犬、ウサギ、ハムスターなどが並べられています。

私の正面には、2キロくらいのシャム猫の子が一匹で入れられていて、ずっとウロウロしています。こんな小さなところに入れられて、退屈だよね・・・。

その隣のスペースには、シャムっぽい小さな仔猫が6匹。固まってじっと寝ていました。寝床の横には清潔とは言いがたいトイレ。

犬が吠え、鳥がバタバタと落ち着き無く羽を動かし、仔猫はぴくりとも動きません。

この時点でかなり印象が悪く、このまま帰ろうかなとも思ったのですが、電話連絡をしてあったので、一応見せてもらおうと思い「ラグドールの仔猫を見に来ました」というと、団子の様になって寝ていたシャム模様の仔猫達がまとめて連れて来られ、無造作にカウンターの上に置かれました。

お店のお兄さんが両手で6匹まとめて運べるくらいの小さな子達。

突然起こされた仔猫達は、カウンターの上をヨロヨロと動き回り、一匹が私の方に落ちそうになったところを思わず抱きとめました。いくら猫とは言え、まだ小さな子達。一メートル以上もあるカウンターから落ちたら怪我をするかもしれません。

全身をざっとチェックしてみたところ目やには出ているし、お尻も汚れています。日本であればまだ母猫と一緒に過ごしている月齢に見えますし、触った感じも子供のぷくぷくした感じがありません。でも、仔猫は私の腕の中ですっかり落ち着いてしまいました。
私の理性は、「何となくこの子達弱そうだし、止めておいた方が良い」と言っているのですが、気がついたら「ご飯は何を食べさせたら良いのですか?」と聞いていました。。。

本当は、もう一カ所回って、ノルウェジアンフォレストキャットの仔猫を見せてもらう予定があり、両方見た上で家族で相談して決めようと思っていたのですが、予定変更。

「ワクチン一回済み、純血種、生後2ヶ月。詳細は時間がかかるので後で連絡します」

と言う事で、取り急ぎ必要な離乳食と猫砂を購入し、店を後にしました。

10842279_1075201105840445_7194723734379452813_o

 

車に乗り込むと、私の腕の中にはタオルに包まれた仔猫が居ます・・・不思議な感じ。
猫と人の子を比べるのもなんですが、子供達が赤ちゃんだったときを思い出しました。衣装ケースの中にニットを敷いて用意していたので、そちらで寝かせようとするのですが、腕の中が安心できるらしく動きたがりません。

途中休憩に立ち寄ったカフェでもタオルの中には仔猫。

モロッコ人は猫好きな人が多いので、方々から暖かい視線を感じます。

帰宅。とりあえず、サロンをクンクンかがせて、トイレ、水、フードを用意します。お腹が空いている様子で、フードは口にしますが、まだお口が小さいので一つ一つ食べるのに時間がかかる様子。水は飲みません。トイレもまだ。夜は心配なので、プラスチックケースの中に入れ、上は段ボールと毛布でカバー。寒かったので湯たんぽを入れてやりました。

名前はどうする?

夫が「猫はとりあえずミミだろう」と言うので、仮名ミミちゃんに。

男の子ですが・・・

ミミコーナーは、プラスチックケースのケージかわりと、使っていないお弁当箱を餌ボウル代わり、猫が寛ぐスペースは、古い洗濯カゴの中にラグ・クッションカバーを入れました。トイレはとりあえず、プラスチックボウルに猫砂を入れました。使い古したオットマンの中綿を抜いて、猫ベッドにしようと思って用意していましたが、どう見ても大きすぎるみたい。

10562634_1074253869268502_4413429546745362689_o

10999408_1075487429145146_6935398563890327135_n


 

3月2日

私たちが起きだす7時までじーっと寝ていた様子。

昨日うちに来たばかりなのに、話しかけるとお返事をします。一度強めに甘噛みをしたので「痛い」というと次から加減する様になりました。賢そう。サロンで自由にさせていると、私の仕事机の下にやって来てニャアと鳴き、抱っこをせがみます。

全身何となく薄汚れていたので、さっとお湯で洗いました。濡らすと鶏ガラみたいに痩せているので、キッチンばかりで測ってみたところ、400グラム弱。

あれ?こんなに軽いの?と思って調べてみたところ、仔猫は100グラム+日数×10グラム程度が正常らしいです。(兄弟が多いと小さめになるとも)

うちに来てからはフードは良く食べている様だし、おしっこもうんちもトイレで出来たし、目もキラキラ元気そうだけれど、あまりにも痩せています。一体この子は生後何日なんでしょう。。。

二ヶ月と言われて来たけれど、それはありえない感じ。

1596822_1074251839268705_5307777466992548833_o

行動範囲は、結構広く、行けるところはどこでも探検しようとする。/常に人と触れていたい。/乳歯は生え揃っている/警戒心殆ど無し/走る/狩り遊びはまだしない。/爪を引っ込めるのは下手だけれど時々引っ込めている。
この辺りを考えるとやっぱり30〜40日と言ったところ?数日して落ち着いたら獣医さんに見せにいこうと思います。

夜、軟便。環境が変わって疲れたのでしょうか。

10923226_1075487469145142_1040720007243947533_n


 

3月3日

11029532_1074837195876836_4055243582352668220_n (1)

環境が変わった事が原因の下痢かな〜まあ、念のため・・・。

と軽い気持ちでクリニックに連れて行き、「昨夜から下痢が何回かあって・・・」という私の説明を聞きながら、ドクターがお尻から検温したところ、水の様な下痢が大量に噴出・・・。先生は渋い顔で、「猫パルボウィルス感染症の可能性。彼はおそらく1.5ヶ月くらいだけれど痩せているし、シリアスな状況です」と言われてしまいました。

何かの注射をして、お薬とお腹を壊している子向けのフードを貰い、「暖かくして、あとは様子を見るしかありません。二日後にまた連れて来て下さい」と言われて診察終了。

私は呆然・・・。

うちで昔飼っていた猫が、拾って来た時に既に猫エイズに感染していて、腎臓も悪くて色々大変だったので、今回も、もし拾って来た子を育てる事にして、重い病気になる様な事があったら可哀想だし子供達もショックだろうから、野良ちゃんは止めたという経緯があったのに・・・・。まさかそんな病気の可能性があるとは。

帰宅後は、ずっと寝ています。起きるとお腹が空いている様で、食欲はしっかりあり、食べた後はお水を良く飲み、すぐにトイレ。トイレの中でニャーと鳴いているのでお腹が痛いのかも。ずっと水っぽい下痢。

昨日までは、人とべったりだったけれど、今日は猫コーナーの近くにオイルヒーターをおいてやったところずっとヒーターの前でじっとして居ます。時々にゃーにゃー言うので、そばに行くと、膝に乗ってきます。撫ぜてやるとゴロゴロ。
心配なので、夜も低温オイルヒーターをつけて、念のため、3時間置きに起きて様子を見ます。
見に行くと、じっと丸い目で見つめてきます。静かに体力を取り戻そうとしている様に見えます。


 

3月4日

 

朝7時に子供達が起きてくる気配で起床、大きな声でご飯のおねだり。与えるとガツガツ食べていました。お薬なのか栄養剤なのか良く分からない液体も美味しそうにごくごくのみ、もっと欲しいとおねだりされました。

昨日は、寝床の近くからあまり動きたがらなかったのですが、今日は私のあとを付いてサロンの端まで走って来たり、活発。遊ぶところまでは行きません。膝の上で丸くなって寝ています。昨日、病院で出したあの水のような下痢を見て、パルボの疑いをもたれたのは当然だと思うのですが、発熱無し、嘔吐無し、ぐったりしている様子も無し。ものすごい食欲なので、重大な病気では無い様な気がします。

10505111_1076994422327780_5918055786567032574_o

 


 

3月5日

 

今日は動物病院に行ってきました。

何よりも、今日ミミが来た事に先生喜ばれてました…。

やはりあの水の様な下痢で危ないと思われていた様子。

とりあえず、下痢が止まって食欲があるという事なので、危険な病気の疑いは晴れた様で「とにかく、よく食べさせて、よく休息させて体重をつけさせて下さい」と言われて、測ったら、0・3キロ。。。??減っているんですけれど・・・。

下痢していたから仕方が無いと先生は言いますが、もしミミが1ヶ月半だとしたら、普通は700グラムくらいあるはずで半分以下。「ワクチンはもう少し体力付いてからの方が良いので、二週間後に来て下さい」

帰宅後、ご飯を食べる様子をよく見ていると、フードを一度口に入れるのですが、舐めてペッと出しています。凄く小さい粒しか食べられていない感じ。今日は病院で疲れたのか、帰って来てからは食事とトイレの他は仕事中の私の膝の上で寝ていました。遊びたい盛りのはずですが遊びません。

離乳食のウェットフードに少しお湯を加え更に潰してやると香りが立つので食欲がわくらしく、凄い勢いで飛びついていますが、良く見ると固形の部分はほとんど食べていません。私が指につけて口に押し込む様にすると飲み込んでいました。


 

 

3月6日

今日はよく食べました。

一日中お腹を空かせていて、一回に食べる量はほんの少しだけれど何回も食べていたから合計では結構食べられていた様子。トイレも順調。「ミミ〜ご飯よ〜」と言うと走ってご飯の場所に行き座って待ちます。

相変わらずだっこ大好き。私が座って仕事をしていると足元に来て、「ニャア」とおねだり。

泣き癖が付くから、泣いたときに要求に応えない方が良いと、猫育てサイトには書いてありますが、どうなのでしょう。昔の人間の育児書みたいです。気にしないで抱いてやると、激しくゴロゴロ。

私が家に居るときは、大体膝の上に居るか、2mくらい離れた所に座って、じーっとこちらを見て居ます。

 

<遊び&テリトリー>

ティッシュを丸めたボールをポンポンと手で転がして遊びました。

うちに来て遊んだのは初めてです。

電気のコードにも興味津々・・・

昨日までは、サロンに誰もいなくなると、サロンと廊下の敷居のところまで来て鳴いたりじっとうずくまったりして居ましたが、今日は廊下まで出て来ました。お腹の調子も良くなって、段々仔猫らしくなって来た様子。

11049610_1078772632149959_5529304818681947505_o


 

3月9日

 

ご飯の直後に測ったら体重400グラムに復活。

トイレも快調。

うちに来てからおねだり鳴きしすぎたのか昨日からハスキーボイスになっていたのが、今日は声が出なくなってしまいました。。。なので無言で近づいて来て無言で「ニャア」と言う顔をします。

娘が「ママ、このまま変な声のママだったらどうしよう〜」と心配。

息子は大分ミミになれて来て、自分のおもちゃなどをサロンに持って来ては遊んでやっています。

 

うちに来た直後に、さっと洗いましたが、なんだか汚いので今日しっかりシャンプー。猫用シャンプーが無かったので、ナチュラルなサボンベルディ(オリーブの石鹸)で洗ったらフワフワになりました。

ついでに爪も切ってすっきり。「イヤ」と言う顔をしつつも大人しくシャンプーされるミミにお手伝いさんもびっくり・・・。

お腹出してゴロンとか、水をつけても平気とかそう言う猫はモロッコでは見た事が無いそうです。

それにしても、ご飯食べた後にさくっと顔を拭いて終わるミミの毛繕い。ちゃんと全身できる様になるのでしょうか・・・


 

3月10日

 

仕事で半日留守にしましたが、お手伝いさんと仲良く過ごしていた様子。なんと腕枕で昼寝したのだそうです…。
年から年中私が家に居る訳ではないので、他の人にも可愛がってもらえるのは良い事。

今日、子供達を怒る事があったのですが、私がお説教口調で話していたところ、子供の隣にミミまで三つ指をついて神妙な顔をして座っていて、笑いそうになりました。


 

3月11日

体重420グラム。

今日は横向けに飛んだり、お腹を出して来たり遊びたそうな顔をするので、紙袋を与えてみたところ、中に入ったり攻撃したりして遊んでいました。猫用のおもちゃなどは無いのですが、とりあえず紙袋と紙を丸めたボールで十分な様子。

どんどん仔猫らしさがまして来て、お腹の辺りも柔らかくなってきました。

「ご飯」はそのままのウェットフードをもりもり食べられる様になり、一日一袋を完食。ご飯だよ〜というとご飯スペースまでうさぎ跳びで飛んで行きます。どこまでも猫のイメージを覆してくれる子です。

夜は、ソファで寛ぐ子供達と並んでのんびりしたり、すっかりうちの子になりました。声は大分復活してきましたが、凄いハスキーボイス。。。もしかしたらこのままなのでしょうか。

ソファの上に飛び乗る事も、降りる事も今のところで来ませんが、ソファの下にクッションを置いてやったところ飛び降りました。

立ち入り禁止の部屋や、禁止事項は何となく分かっている様子。

テラスには出していますが、誰もいないと出てきません。

150312mimi_01

 モロッコ雑貨&インテリア ディアモロッコ

ディアモロッコ/アマゾン(バブーシュのみ)

彩りの街をめぐる旅 モロッコへ Morocco Guide Book (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー) 

モロッコのバラ色の街 マラケシュへ (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー)

Filed under:

1 Comment

  1. Pingback: ねこと暮らす一年 | marrakech photo diary.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください