マラケシュ/ギリーズ(新市街)
Leave a comment

カルフール・マラケシュ

04017

火山騒ぎの中、なんとかかんとかマラケシュの我が家に辿り着きました。
もう遅い時間だったので、シャワーを浴びてすぐに休みました。
翌朝、朝食後、家中をチェックします。
電球が切れていたり、洗剤が切れていたり、トイレットペーパーが数ロールしかなかったり。
冷蔵庫の中身も100%モロッコ人家庭仕様になっているので、色々買い出しに行かなくては。

と言うことで、数週間前に出来たばかりと言うカルフール・マラケシュにやってきました。
マラケシュの中心部からは結構離れている郊外にある映画館の隣です。
04016

何だか、砂漠のど真ん中にいきなりスーパーが現れると言う感じです。

04018

スーパーだけでなく、かなり店数の多いモールが出来ていました。
お洋服系だけでなく、ヴァージンメガストア、子供服のカーターズ、スペイン製の靴専門店、インテリア専門店に、カフェ。
まだオープンして居ませんでしたが、二階にはイタリアン、アジアン、寿司店が入る予定だそうです。

04019

スタバ的カフェ。
「アイスモカチーノ」と言うのがあって嬉しくて頼んでみましたが・・・・

04020

04021

見た目は確かに。
でもお味は・・・・何か入れ忘れた?何故か氷の味しかしませんでした。

カフェで喉を潤した後は、地下のスーパーへ。
「あまり大したことが無い」と言う噂を聞いていましたが、フランス資本のスーパーと言うだけで何となくワクワクします。
カルフールブランドのものが色々並んでいる以外は、良くあるモロッコのスーパーと言う感じ。

「トマト半額!」

何でも、カルフールマラケシュの開店時の客寄せの目玉は、トマト!だったそうです。
さすがモロッコ。
超高値が続いていたと言うトマトを、開店の日は半額で出したとかで、またたく間に売り切れてしまったとか。
確かに。
おしゃれなカフェよりも何よりも、やっぱりトマト。
今日も野菜売り場の周りは黒山の人だかりで、野菜に近付くことはおろか、測ってもらう事などとてもとてもできない感じだったので、お野菜の買い物は諦めました。

料理人の妻である友人に寄れば、お魚も中々種類が豊富で良いとのこと。
今度また、もっと元気な時に行ってみたいと思います。

「車専用」
今まで、マラケシュのスーパーやショッピングモールは、どこもタクシーで行ける範囲内にありましたが、ここはかなり遠いので、車が無いと来ることが出来ません。
そう言う立地にモールを作ると言うのは、それだけモロッコ人の車所有率が上がってきたという事なのだなあ、と実感します。

ディアモロッコ/宮本 薫
https://dearmorocco.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください