娘-二歳
comments 2

ママ・トイレ

◆「ママ、トイレ」

6月*日

モロッコで暮らしていると、現在妊娠中と言う事もあり、娘と二人きりで出かけると言う機会がとても少ない。大抵、夫やベビーシッターのHさん、お手伝いさんのマリカなど、誰か一緒だ。

日本では、二人きりで行動する事も多いのだが、もうすぐ三歳の娘と二人で出掛ける際の、私の最大の関心事は、「どこにトイレがあるか」だ。

と言うのは、トイレトレーニングが終わったばかり、進行中の親なら心当たりがあると思うのだが、娘と外出中、何時何どき緊迫した表情で、「ママ、トイレ」と言われるかわからない。

せっかく事前申告で来ているのに、間に合わなかったという事態を避けるために、爆弾の様なこの言葉が発せられたら何が何でも、一刻も早くトイレに向かわなければならない。

もう少し大きくなると、ある程度ためられるようになり、それほど緊迫した状況では無くなるのかもしれないけれど、まだ二歳代の娘の場合、親の私も娘自身も、どの位我慢できるのかさっぱり分からない。

だから、なんとなくもじもじし出したり、「ママ、トイレ」と言われた時に間に合うように、何時もどこにトイレがあるか気になって仕方が無い。

日本に帰ってきて一週間。

今までは、馴染みのある場所にしか行って居ないけれど、これからどこか新しい知らない所に娘と二人で出かけようと思ったら、事前にトイレのチェックは欠かせない感じ。

子供が赤ちゃんの時は、「ベビーカーが通れるか?」とか「おむつが替えられるか」「授乳が出来るか」が気になった。今はとりあえずトイレ。

自分一人の時は気が付かない、色々な視点があるなあと思う。

◆妊婦生活 Tokyo

6月*日

一人目妊娠時にどんなふうに感じていたか、すっかり忘れてしまったが、今回大きなお腹で帰国して感じる事は、東京の人と言うのは妊婦に物凄く優しいと言う事だ。

うーん、おかしい。

日本人は妊娠中の女性や小さな子供連れに冷たいとか、配慮が足りないとかそういう評判だったはずなのだけれど、もう毎日、どこに行っても暖かい言葉や視線、配慮を頂いて、くすぐったい位だ。

一人目の時もこんなだったかなあ。

もしかすると二人目でお腹がとても大きいからかもしれないけれど。

朝、家を出る。

マンションの前で出会ったお掃除のおばさんに挨拶をすると、「もうすぐですね~」と満面の笑みで挨拶され、「8月なんです。」とかそういう会話を交わす。

タクシーを捕まえようと、歩道で立っていると、知らないおじさんが「お先にどうぞ」と自分が捕まえたタクシーを譲って下さる。

運転手さんは、安全運転で、「元気なお子さんを産んで下さい。」と言われる。

到着し、ちょっと歩いて疲れたのでカフェに入ると、一番座り心地のよさそうな椅子に案内され、「お一つで大丈夫ですか?」と言いながらクッションを持ってきて下さり、ささっと椅子を引いて下さる。

実は、一日一杯位ならカフェイン入りのコーヒーを飲みたいところなのだけれど、せっかく親切にして頂いているので、「デカフェ」しかお願いできない。

カフェを出てエレベーターに乗ろうとすると、まだちょっと遠くに居るのに、スーツのおじさんが、「開く」を押しながら笑顔で待っていて下さったりする。

で、エレベーターを降りると、小さな子連れの女性に「もうすぐですか?」と話しかけられ、まだ予定日まで二カ月近くあると言う話をして「まあ、それは赤ちゃん大きくなりそうですね。」と言われる。

 

と、一時間くらいでこんな調子。

私個人ではなく、「妊婦」と言う記号になってしまった様で、不思議な感じだし、お腹が大きくても病気ではないので、結構普通に過ごせるものなのだけれど、妊娠中の女性に対して優しい世の中と言うのは素敵なので、話しかけられたら、にこにこ愛想よくしているけれど、実は頭の中は仕事の事で一杯だったり。

 

◆乗り物運・・・・

6月*日

今朝、マンションの前から流しのタクシーに乗った。
良く話す運転手さんで、子育てについて話っぱなし。
「子供のころからの英語教育なんてねえ~そんなの意味無いんだよ!」
とかそういう話を延々とされる。
なんとなく相槌を打ちながら目的地に到着。
あれ、いつもは1000円でお釣りがくる距離のところなのに、1400円?
「あの、割増料金になって居ませんか?いつもは980円位なんですけれど・・・・」
と言うと、「あれ~まちがっちゃったね~ごめんよ~1000円で良いから~」と言われる。
・・・・
で、5,000円出しておつりを待っていると、「どうもありがとうね~」と言われる。
ええと。。。
「済みません、5000円札なのですが」と言うと、
「あれ~ごめんね~」
と言われる。
ここはモロッコでしょうか。
それとも本当に運転手さんがぼーっとしていただけ?

2 Comments

  1. いつも楽しく読ませてもらってます。我が家も4歳の娘と来年2月頃には第二子が生まれる予定。薫さんと同じく、現在妊婦です。
    外出時トイレに困らないように、トイレを見つけた時や時間を見計らって(1時間おきなど)必ずトイレに行かせる習慣にすれば、そんなに急なトイレ探しなどはないかと思いますよ。(下痢していない限りは…)
    私はそうすることによって緊急事態などはだいぶ防げました。集団で過ごす保育園などもそうですが、ある程度の時間になったらみんなでトイレ~みたいにしているので、途中でトイレに抜ける子は2歳児ぐらいでも少ないです。
    そんなに神経使わないでもなんとかなると思いますよ。

  2. kaori says

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    相変わらずの遅いお礼ですみません・・・・
    NNさんもお二人目!楽しみですね。
    最近は、トイレ随分余裕が出てきました。
    子供は、毎日毎日成長しているのだなあと実感する毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください