◆マラケシュ暮らし/温水器が爆発!

10月*日

今日は夫がラバトに出張で留守だったので、久しぶりに会うフランス人の友達をフトールに呼んだ。夜遅くまで色々話て彼女が帰宅した後、夫の帰宅に備えて片づけ。リビングに花も飾り、キャンドルも点して、中々いい感じ・・・と外から変な音が聞こえてきたのでキッチンの外のバルコニーを覗くと、温水器から熱湯が噴出している。上部からはもうもうと煙が上がっていて、バルコニーの天井は雲が掛かったようになっている。(水蒸気)

慌てて何とか止めようと思ったけれど、危なくて近づけない。一階の管理人を呼びながら夫に電話をすると、まだマラケシュの外に居て着くのは一時間後・・・・

管理人は普段ならすぐに出てくるのに今日に限って出てこない。一階まで呼びにいくと留守番の頼りない若い子が居るだけ。

取りあえず彼を連れて帰り、見せる。ニヤニヤ笑っているだけで何もしない。我が家全体を停電させようかと迷っているうちにも水蒸気の雲は広がって、バルコニーは水浸しに。キッチンにも入ってきた。(このバルコニー、信じがたいことに排水溝が無い。)

管理人代理?のニヤニヤに頭に来ていたところにスタッフのオマール到着。彼は何故か電気水道系統に詳しくて、元のところからバルコニーだけのバッテリーを落として、水道の元栓も締めてくれた。

シュウシュウ不気味な音を立てながら水蒸気を吐き出し続けていた温水器の作動が止まって一安心だけれど、ああ、今日はお風呂に入れない。バルコニーにあったものはすべて水浸し。

出張だから仕方が無いのに、いつもこういう困った場面に居合わせない夫に腹が立って携帯に電話。まだ後30分ほど掛かるらしい。

モロッコの暮らし、いい面も沢山あるけれど、いきなり停電になったり、断水になったり、朝起きたら家中水浸しになっていたり、電話やインターネットのラインが切れたり・・・インフラ系は昔に比べたら格段に良くなっているとは思うものの、色々ある。

別に誰かが怪我をしたわけでもないし、大したことではないのだけれど、それを覚悟している旅行中ではなくて、生活している家で色々とハプニングが起きると言うことには中々慣れない。

翌日、朝から修理の人とお手伝いさんに来てもらい直してもらった。この家の温水器が壊れるのは三回目。普通なら設定温度まで上がると自動的に加熱を止まるはずなのだけれど、我が家の温水器はどこかが壊れていて加熱が止まらない様子。サーモスタットを新しいものに変えたから大丈夫!と工事の人は自信満々でしたがどうなることやら。

ディアモロッコ 宮本 http://www.dearmorocco.com

Leave a Reply

Required fields are marked *.


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.