インテリア, マラケシュ暮らし2015年
Leave a comment

お引越し〜サロン編1

15110501

最近、木の床の家に住みたいなあと思うようになり、引越ししました。
マラケシュのアパルトマンのほとんどは、タイル張り。夏涼しくて良いのですが、冬は冷たく、とても裸足では過ごせません。
なんというか外の延長線上という感じがして、あまり好きではありません。

今年の夏、ドイツで借りたアパルトマンの床が200年前の無垢のフローリングで、良いなあ、と思いました。
もちろん、フローリングが普及していないマラケシュで無垢のフローリングなど望むこともできませんが、普通のフローリングで良いから、と思い探していたところ、ありました!
(余談ですが、モロッコで採れるアトラスシダーという木は、高級床材としてヨーロッパにも輸出されていたそうです。精油が取れるほど良い香りのシダーウッドの床・・・素敵ですね)

新しい家の間取りは個室が3つとサロン(リビングルーム)。

サロン(DK)は一部が仕切られたダブルサロンになっています。
モロッコ式には、写真の四角いスペースをサロンモロカンにして、手前をサロンヨーロピアンにするのが一般的です。

(サロンモロカン:壁際にずらっと奥行き80センチほどのサロンの台とマットを並べ、上にクッションを並べ、真ん中に中心がある模様のラグを敷き、窓にはタッセル付きのカーテンを吊るす。一軒家などでは、30畳位のサロンモロカンも珍しくないが、マンションではこのような小さなサロンモロカンコーナーも良く見かける/サロンヨーロピアンとは、日本のリビングルームのような、ソファとテレビがある洋式のサロンのこと)

さて。この可愛い窓が魅力のサロンモロカンコーナー、どんな風に使いましょう。

光が綺麗なので、窓際にテーブルを置き、以前はテラスで使っていたサロンモロカンをL字に並べてみましたが、いまいち。

15110503

一つは、私の仕事部屋に移動して、空いたスペースにクラビノーバとクリスマスツリーを入れてみました。
食卓も入れるとちょっと狭いかな・・・。

ちなみにモロッコでは、サロンモロカンで食事をするので、食卓が普及し始めてきたのは最近です。

15110505

引越しで収納して、また12月になってから出すのも面倒だし、子供達も喜ぶしと思いクリスマスツリーを出しましたが、やはり猫とツリーの共存は難しいみたいです。朝起きると、ツリーがなぎ倒されていて周りが白い破片だらけ。→お掃除→また目を離した隙に・・・
二日で断念しました。
お掃除が大変なだけでなく、猫たちが食べても困りますから・・・。

子供達は毎年この季節になると大きなツリーを飾ることを楽しみにしていたのですが、今年は(というかこれからずっと?)ツリーは難しそうです。12月になると在住ヨーロピアンやホテル、レストラン向けに本物のツリーが出るので、それも考えてみましたが、以前我が家にあったアレカヤシ、キキに無茶苦茶にされてしまったので、これも難しそうです。
「今年はツリーないの!?」と子供達が大騒ぎなので、「今年はツリーの絵でも書いて壁に貼る?」と提案してみたものの反応は「・・・・」

15110504

ということでツリー撤去。
サロンの仕切りの台の上にミニラグを敷いてやったところ、ミミが気に入った様子で、ここで良く寛いでいます。
スペースがあるので二匹で寛げば良いのに、キキが来ると怒って追い出します。別の場所では仲良く毛づくろいしあったり、団子になって眠るのに不思議です。

15110520

最近、iphone を向けるとウニャーンと言ってひっくり返ることも・・・。
そしてうっかり落ちてしまうことも・・・大丈夫?

15110519

この贅沢な猫ベッドは、実は山羊革オットマンの綿を抜いたもの。
五年は使ったので、猫たちにあげても良いかなと思い、床の上に置いてミニラグを入れたところ気に入った様子。
ここでも序列はミミが上?キキは中に入れてもらえません。

15110512

マラケシュは暑いのでここしばらくずっと東向きの家に住んでいました。今回の家は西向き。
西かあ・・・と思ってかなり悩んだのですが間取りが気に入ったし何より木の床の家は中々無いということで決めましたが、実際暮らしてみると、庇が深いので真夏でもそこまで問題はなさそうです。
それよりも、今回の家、とにかく光が綺麗でものの色が美しくはっきり見えます。
(ついでに皺、埃もはっきりくっきり見えますが・・・)
壁が白いのが良いのか、光の入り方が良いのかわかりませんが、モロッコ南部の透明感のある光を彷彿とさせる美しさ。
毎日朝からうっとりしています。

15110517

新しいバブーシュを下ろしました。木の床によく似合います。

15110513

15110515

光が綺麗だからお花を飾ったら生えそうだなあと思い、バラを少し買ってきたところ・・・・キキが・・・・。
ちょっと目を離した空きに、半分くらい首から折られてしまいました・・・。うーん、残念。
子供達の学校の近くに花屋があるので、冬の間は花を絶やさない生活にしたいなあと思ったばかりなのに。

15110510

お掃除の時は、猫たちは子供部屋に閉じ込めて窓を全開にし、それ以外は出られないように閉めているのですが、そのうち自分で開閉を覚えてしまいそう。モロッコ風のアイアン窓枠でも付けようかと思います。
ちょっと雰囲気が変わってしまいますが、窓と同じ水色で塗ってもらったら可愛いかも。

シンプルなリネンのカーテンを掛けたら似合いそうですが、猫たちが子猫のうちは難しそうです。

ディアモロッコ•宮本 薫

www.dearmorocco.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください