マジョレル庭園入口

マジョレル庭園の下見をしなくてはならないので、お天気の日の午後、出かけてきました。 我が家から歩いて5分くらいなのでぶらぶら歩いて行ったのですが、マジョレル庭園前のSAFI通りに出ると、なんだかものすごい排気ガス。 お散歩は裏通りに限ります。 庭園が近づいてくると、客待ちのタクシーや馬車がずらりと並んでいます。 ・・・混んで居そう。やっぱり朝一で来るべきだったかな。 と思いつつ、庭園前の石畳の道を進むと、チケット売り場の前には30人からの人が並んでいました。   これは、ゆっくり見たり撮影したりすることは難しそう。 諦めて他の日の午前中に来ることにしました。 可愛いチケット売り場。 入園料30DH/美術館入場料25DHでした。 早朝8時からオープンしているので、今度は娘を学校に送ったその足でチャレンジしたいと思います。 ↓観光客向けの入り口は、地図上、緑色の庭園の右手の細い通り沿い。 ディアモロッコ/宮本 薫 https://dearmorocco.com/

マラケシュのスーパーマーケット

以前もブログで取り上げたカルフール・マラケシュ オープン直後は、準備中のテナントが多かったのですが、三階のフードコートやキッズコーナーが最近オープンしました。 場所: マラケシュ中心部からウーリカに行く途中の、アグダルという地域にあります。 行きはギリーズから20~30DH程度。(遠いのでメーターではいかないタクシーが多い。要交渉。) 帰りは毎時00分にシャトルバスが出ています。(ギリーズのマクドナルドの前まで5dh) 最近は、土曜日に家族でカルフールに来て、一週間分のまとめ買い&子供たちをキッズコーナーで遊ばせ、フードコートでランチというのが習慣になっていますが、 毎週娘のクラスメートに会うので、そういうお家が多いようです。 カルフールは外資系ですが、マラケシュのほかのスーパーよりもかなり安く、まとめ買いすると相当違います。 また、パッケージが可愛いカルフールブランドが色々そろっているのもポイント。 野菜、肉、魚もなかなか新鮮です。(もちろん市場のものにはかないませんが、スーパーの中ではかなり良い方です。) 広いお酒売り場がありますが、フードコートでは飲めません。 フードコートの味は、「フードコート」なのであまり期待しない方が良いです。 ただし、ヴェネチアアイスのチョコレートアイスは美味しかったです。 「コリアンバーベキュー」と言うのは韓国焼肉の事でしょうか。まだトライしていないので気になります。 キッズコーナー。 蛍光灯なので、写真はあまり綺麗に撮れませんが、子供たちは相当楽しそうに遊んでいました。 3歳以上、年齢の上限は書かれていませんでしたが、10歳位までは楽しく遊べると思います。 トランポリン、ボールプール、大きな滑り台、ゴーカート等々。 入場料は遊び放題で60DH。 車でカルフールに来て、60DH払って遊ばせると言うのは、モロッコの中でも比較的豊かな家庭が多いので、マラケシュのマダムの観察にはもってこい。 高級オーダージュラバにスカーフおしゃれ巻&新作サングラスと言う感じの観光ポイントにはまずいない人々も多く、観察するのも面白いです。 もちろん、お母さんはショッピングモールでお買いもの中、子連れのお父さんもかなり見かけますし、お手伝いさんに連れられている子供たちも居ます。 他のスーパー 「マルジャン」 マラケシュで一番古く広いハイパースーパー。 マラケシュに二件ありますが、カサブランカに行く途中の古い方が行きやすく品ぞろえが良いです。 タクシーで「マルジャン トレクカサ」(カサブランカに行く道沿いのマルジャン」と言うと、連れて行ってもらえます。 中心部から少し離れていますが、15~20DH程度。 帰りもタクシー乗り場があります。 生鮮食料品や日用雑貨などのほか、お酒、タバコ、電化製品など。 外にショッピングモールがあり、衣類、子供服、電化製品など手に入ります。 アラビア語パッケージの缶詰とかインスタントとか、お菓子などのお土産買いにも人気のスーパーです 「ACIMA」 マラケシュに三店舗ある中堅スーパー。 商品点数はそれほどありませんが、旅行中、砂漠に行く前にちょっと買い物とか、果物を買いたいとかその程度であれば使えます。 お酒の販売はありますが、衣類はありません。 ギリーズのメインストリート「モハメッド5世通り沿い」「マジョレル庭園の向かい」の店が見つけやすいです 他に「アスワクサラーム」という中堅スーパーが鉄道駅とバス駅のすぐ近くにありますが、お酒の扱いはありません。 ディアモロッコ/宮本 薫 https://dearmorocco.com/

カルフール・マラケシュ

火山騒ぎの中、なんとかかんとかマラケシュの我が家に辿り着きました。 もう遅い時間だったので、シャワーを浴びてすぐに休みました。 翌朝、朝食後、家中をチェックします。 電球が切れていたり、洗剤が切れていたり、トイレットペーパーが数ロールしかなかったり。 冷蔵庫の中身も100%モロッコ人家庭仕様になっているので、色々買い出しに行かなくては。 と言うことで、数週間前に出来たばかりと言うカルフール・マラケシュにやってきました。 マラケシュの中心部からは結構離れている郊外にある映画館の隣です。 何だか、砂漠のど真ん中にいきなりスーパーが現れると言う感じです。 スーパーだけでなく、かなり店数の多いモールが出来ていました。 お洋服系だけでなく、ヴァージンメガストア、子供服のカーターズ、スペイン製の靴専門店、インテリア専門店に、カフェ。 まだオープンして居ませんでしたが、二階にはイタリアン、アジアン、寿司店が入る予定だそうです。 スタバ的カフェ。 「アイスモカチーノ」と言うのがあって嬉しくて頼んでみましたが・・・・ 見た目は確かに。 でもお味は・・・・何か入れ忘れた?何故か氷の味しかしませんでした。 カフェで喉を潤した後は、地下のスーパーへ。 「あまり大したことが無い」と言う噂を聞いていましたが、フランス資本のスーパーと言うだけで何となくワクワクします。 カルフールブランドのものが色々並んでいる以外は、良くあるモロッコのスーパーと言う感じ。 「トマト半額!」 何でも、カルフールマラケシュの開店時の客寄せの目玉は、トマト!だったそうです。 さすがモロッコ。 超高値が続いていたと言うトマトを、開店の日は半額で出したとかで、またたく間に売り切れてしまったとか。 確かに。 おしゃれなカフェよりも何よりも、やっぱりトマト。 今日も野菜売り場の周りは黒山の人だかりで、野菜に近付くことはおろか、測ってもらう事などとてもとてもできない感じだったので、お野菜の買い物は諦めました。 料理人の妻である友人に寄れば、お魚も中々種類が豊富で良いとのこと。 今度また、もっと元気な時に行ってみたいと思います。 「車専用」 今まで、マラケシュのスーパーやショッピングモールは、どこもタクシーで行ける範囲内にありましたが、ここはかなり遠いので、車が無いと来ることが出来ません。 そう言う立地にモールを作ると言うのは、それだけモロッコ人の車所有率が上がってきたという事なのだなあ、と実感します。 ディアモロッコ/宮本 薫 https://dearmorocco.com/

一日の始まり

今日も早く目覚めてしまったので、お散歩がてら一階のカフェへ。マラケシュはもう真夏で、昼間はとてもお散歩など出来ないのですが、8時頃は爽やかで鳥がさえずり、最高です。 このカフェがオープンしたのは二年位前。ひょろひょろだった植物もしっかり成長して綺麗な花を咲かせています。 「お前は朝から良く食うなあ!」と夫に呆れられましたが、私は朝からカリアという塩漬け肉の目玉焼き。 娘はフランスパンを一切れ。 お聞かせできないのが残念ですが、鳥のさえずりと花々に囲まれて、素晴らしい一日の始まりです。 ◆姉妹ブログ始めました◆ 「ディアモロッコのもの作り」 http://dearmorocco.cocolog-nifty.com/mono/ 「ディアモロッコのもの作り」ブログを新規開設いたします。今まで、「マラケシュフォトダイアリー」にてお届けしておりました、雑貨のお仕事に関する記事は、今後は全てこちらのブログにまとめさせて頂きます。 *もの作りの舞台裏*新商品開発話*ディアモロッコスタッフ紹介*お仕事風景*モロッコの雑貨紹介、使用例 その他、ディアモロッコの商品に関わる記事を定期的にアップロードして参りますので、「マラケシュフォトダイアリー」の姉妹ブログとしてどうぞよろしくお願いいたします。 ディアモロッコ/宮本 薫https://dearmorocco.com/