アスニでピクニック

.jpg” width=”690″ height=”400″ border=”0″ /> アスニ 今日は日曜日。 昼までのんびり寝て、遅めのランチを頂きに、ウーリカに行くはずが、良くある直前の予定変更で、友人一家とアスニでバーベキューをすることになりました。 風邪の引き始めの様な感じだったので、「ピクニック?バーベキュー?」内心あまり行きたくない気分だったのですが、家族ぐるみの友人の奥さんとは久しぶりに会いたいし、今日は日曜日。 どちらにしろ子供たちを連れてどこかに行かなくてはなりません。 と言う事で出かけてきました。 いつも、田舎に行くときの運転は夫なので、詳しい位置などイメージせずに出発してしまうのですが、マラケシュから直進、タハンノウトという田舎町を抜けた車はどんどん山道に入っていきます。 そういえば、アスニって結構遠いんじゃなかったっけ? 娘がまだ小さいころに一度行ったっきりなので、うろ覚えです。 ・・・川沿いに小さなカフェが何軒かと、観光用のロバやラクダが居るだけだったような? 風邪のひきかけにあまり寒いところに行きたくないのですが、記憶にあったカフェを通り過ぎ、何もない川沿いの自然の中で車は止まります。 こんなところ。 「おーい!久しぶり!」とあちらから友人一家がやってきました。 「川の方に良い所があったんだけれど、川を渡らないと行けない。子供達が居ると難しいから、この辺で食べるか!」 今日は完全野外料理の予定の様子。今日はせめてカフェが良かった・・・でもここまで来たら楽しむのみ! 男二人で楽しそうなので、お肉は任せることにして、私は久しぶりの友人妻Kとサラダを作りながらおしゃべりを開始。 これが今日の私たちのキッチンです。 ミネラルウォーターで野菜を洗い、 ひたすら刻んで新鮮なオリーブオイルと塩とレモンだけでさっぱり味付け。 そのお隣で出来上がりつつあったのが、モロッコ版ハンバーグ「ケフタ」 新鮮なお肉を目の前で引いてもらって、玉ねぎのみじん切り&スパイスを捏ねたもの。 結構これでおなかが一杯だったのですが、ひたすらおなかが空いていて勢いついている夫が「これから男のタジンを作るか!」と言い出しました。 時計の針はすでに3時を回っています。 炭火焼のタジンは確かに美味しいのですが、煮えるまでに軽く2~3時間はかかります。アスニは山の中、タジンが出来上がるころにはみんな冷え切っていることでしょう。 「それも素敵だけれど、夕方になると寒くなるし、カフェの貰ってこない?」と控えめに提案してカフェまで戻ってタジンを買ってきてもらいました。 鍋敷きの代わりの卵ケースに載せられて来たタジンはホクホク。良く煮えていて久しぶりの田舎の美味しさでした。 モロッコの庶民的なレストランでは、大体どこでもタジンのお持ち帰りが出来ます。 鍋代のギャランティーとして15~30DHほど払い、後で返却時に返してもらいます。 暖かいジャガイモを食べていたら、少し冷え始めていたからだが芯から温まります。 食後は子供達&男たちでお散歩。 放牧されていたヤギの群れが通りかかりました。 繰り返し言うようですが、もうちょっと暖かければ、すごく良い午後だったのですが、寒さにも暑さにも強いモロッコ男は全然平気な様子です。 このおばあさん。 どこからともなく現れて、ここで私たちの食事が終わるのを待っていました。 田舎では良くあることですが、食後、食べきれなかったお肉やタジンを具にしたサンドイッチにして、こういう貧しい人に施します。 私たち夫婦は施す派で、友人夫婦は施さない派だったので、ちょっと会話を交わしたのち、結局食べ物は全部置いていくことにしました。 寒いから毛布も欲しいと言われましたが、毛布は友人夫婦のものだったので断りました。 そのやり取りが実にさっぱりとしていてモロッコらしいなあと思いました。 日本だったら、施すべきか、べきでないか、色々考えてしまいそうなシチュエーションですが、その時にできることを、さりげなくして後は忘れてしまうのがモロッコ風。 それにしても、この寒い山の中でもしも野宿している、又は屋根があったとしても毛布が無いとしたら相当厳しいので、使い古した毛布位あげたかったなあと思い帰り道夫に言ったところ、 「使い古しの毛布が買えるくらいのお金をあげた。でも、おまえに言ってしまったから徳が無くなった。」 と笑いながら言いました。 確かに、人にアピールするために善行を積んでも意味がありません。 聞いてしまって悪かったのですが、ちょっとほっとしました。 さて、帰り道はこんなくねくねの山道。 子供が居なかった頃はスリリングで面白いと思ったガードレールなしの山道も、後部座席に二人も乗っているとハラハラします。 夫はマラケシュ対カサブランカの試合(もちろんサッカー)をラジオで聞きながら、時折「オオ!」とか叫びながら運転しています。

ウーリカでバーベキュー

日曜日の朝。 夫がフィレ肉を買ってきたので、急遽友達たちに声をかけてウーリカに行きました。 初夏のみずみずしい緑が素晴らしい、行きつけのカフェへ。 ちょっと前まで赤ちゃんだった、友人の息子君も、すっかり大きくなって、娘と追いかけっこをして走り回って居ました。 お肉が焼けるのをじっと待っていた子猫。 食後、モロッコ男子チームは、カード。 上の娘が産まれる前から通って居るこのカフェ。 行きつけの田舎があるって素敵です。 ディアモロッコ/宮本 薫 https://dearmorocco.com/

ウーリカのハーブ園

仕事でウーリカに行ってきました。 いつもは、四駆でわーっとかけぬけてしまうこの道ですが、今日は仕事なので、旅行会社のミニバスでゆっくりのんびり行きます。 途中、アトラスが綺麗だったので止まってもらいました。 どこまでも青い空に雪を被ったアトラス。 モロッコに30年以上住んでいると言う建築家の方を取材した時に、一年で一番好きな季節は二月。アトラスの美しさ。と言っていたのを思い出しました。 絶景ポイントに居たラクダ。 結構観光客でにぎわって居ました。 こんな田舎道を少し走ると現れるのが、 ここ。 モロッコの精油業界の先駆者的存在のネクタローム。 ここの農場に来るのは久しぶりです。 以前来た時はまだショボショボっとした感じだったハーブが立派に育っていました。 こんな、足マッサージコーナーも出来ていました。 こちらで取れたオイルや蜂蜜、オリーブにハーブティを頂きました。 お腹が空いていたので二人でパクパク頂いてしまい、殆ど空にしてしまいました・・・・ 味見用なのに恥ずかしい。 ファームホテルで見かけたロバ。 その名も「バブーシュ」。 縁を感じてしまいました。 ディアモロッコ/宮本 薫 https://dearmorocco.com/  

◆日本の風景/棚田

魚沼産コシヒカリの産地 日本帰国中、友達と長野県の温泉に行った「ついで」に、新潟県のコシヒカリの産地まで行った。 私は運転しないので、ずっと友達の運転。東京から長野・新潟までは「ついで」と言う距離ではない。 ずいぶんな長距離を走ってくれた。 きっと、「モロッコの田舎はね・・・モロッコの田舎は素晴らしいんだよ」といつもモロッコかぶれなことばかり言っている私に日本の本物の田舎、日本の美しさを見せたいと思ってくれたのだと思う。 この写真は彼女のだんなさんの実家の田んぼ。 美しい風景って、自然の風景でも人工的に作られた風景でも、「全体としてどこも欠けたところの無い一体感」のようなものがあり、そこに身を置くだけでふわーっと安心できるような、大きな心地よさを感じさせるけれど、 ここもまさにそんな場所だった。 水分をしっかり含んだ空気と田の緑の色合いと古い家々がしっとりと溶け合っている。 初めてお伺いする彼女の義理の実家は築100年以上の民家。 立派な一枚板がふんだんに使われている立派なお家だった。 風景だけじゃなくて、例えば家のインテリアでもそんな雰囲気があることがある。 センスがいいかどうかと言う問題じゃなくて、毎日その家の主婦が手を入れ続けていて、子供たちが居て、お父さんが座る椅子があって・・・と言う、毎日の生活から生まれでた家庭の雰囲気。 それもまた、自然が作る一体感と同じくらい心地いい。 それぞれがぴったりの場所にあって、どこも動かせない感じ。 実際は、毎日の生活や農作業でいろいろなところが変わっているはずなのに、一種の生態系のように自然な形が出来上がっている。 ディアモロッコ 宮本 薫 http://www.dearmorocco.com