バレンボイム音楽論 対話と共存のフーガ/ダニエル・バレンボイム著

バレンボイム音楽論 対話と共存のフーガ/ダニエル・バレンボイム著/ アルテスパブリッシング/2008年 今朝、あるイスラエル料理レストランのシェフをインタビューしました。 彼女のお父さんはモロッコ系ユダヤ人で、五歳の時にイスラエルに移住。そして娘である彼女は5年前にベルリンに移住してきました。 彼女が作るのは、イスラエル料理ですが、日替わりメニューにはモロッコ風クスクスが登場しますし、レバノンから取り寄せたスパイスも使います。 イスラエルは世界中から集まったユダヤ人によってできた国なので、イスラエル料理にはそれぞれの出身国の影響が色濃く、当然、アラブの影響も大きいのだそうです。「これは中東からきたデイツを使ったソースで、砂糖よりも美味しいのよ・・・・ちょっと高いけれどね・・・これはモロッコ風のプリザーブドレモンで、ちょっとカットして加えると繊細な味付けになるのよ」 様々な国からきた素材の味。それぞれの味がはっきり分かるけれど、悪目立ちすることもない。絶妙のバランス感覚を持ったシェフの手によって素晴らしいハーモニーを奏でます。 彼女の話を聴きながら、現代最高のピアニストの一人で、ベルリン国立歌劇場の指揮者であるダニエル・バレンボイムによる「バレンボイム音楽論 対話と共存のフーガ」を思い出しました。 彼はアルゼンチン出身のユダヤ人で、パレスチナ人文学者のエドワード・サイードとともに音楽でユダヤ・アラブ世界を結ぶ活動をして来たことで知られています。 彼らは1999年にイスラエル人と、レバノン人、ヨルダン人、シリア人などからなるオーケストラ「ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団」を結成しました。楽団の名称はゲーテの著作『西東詩集』から取られ、2005年にはパレスチナ自治区ラマラでコンサートを行い世界中を驚かせました。 本書では、オーケストラが生まれるまでの経緯や、不可能と思われた自治区でのコンサートが実現するまでの逸話が臨場感あふれる筆致で記されています。   「しばしば、私の積極的な行動が賞賛を受けることがある。ただし、その賞賛には、往々にして世間知らずという響きがこめられている。けれども私に言わせれば、六十年間もうまくいかなかった軍事的解決に頼ろうとするほうが、よほど世間知らずなのではないだろうか。過去とは現在につながる道にほかならず、現在とは未来につながる道である。そうである以上、暴力的で残虐な現在は、必ずやさらに暴力的でさらに残虐な未来へと進んでいくことになるだろう。」(114ページ)   バレンボイムは、人生、生き方、人との関わり方、政治、国際関係に至るまで、音楽から学ぶことができると考えます。「暴力的・力ずく」ではない、ほんものの強さとは何か。それを音楽から学ぶことができるといいます。   「強さと力の違いを理解することが重要である。この違いは音量と音の強さの違いに関連している。もっと強さを高めて演奏するようにと言われると、奏者はまず、より大きな音で演奏しようとする。ところがじつは、まったく逆のことがもとめられているのである。音量が小さいほど、より強さが求められ、音量が大きいほど、強さの必要性は小さくなる。ベートーヴェンやワーグナーで音のほとばしりによって生み出される効果は、音を一段階ずつ力ずくで大きくしていくのではなく、音が自ずと発展していくにまかせるほうが、はるかに有効に作用する。なぜなら音の本来的で内在的な強さとは徐々に蓄積していくエネルギーから生まれるものだからである。テンションの増大と解消は音楽表現の根幹である。」(161ページ)   本書にはまた、「思考と閃き」の関係についての非常に興味深いパートがあります。音楽や芸術について学ぶ、理屈で理解するというのはどういうことなのか。アートに興味がある人は一度は考えたことがあるテーマだと思います。   「演奏者のなかで作品の構造が、演奏中に知的な思考がもはや不要になるまで、じゅうぶんに内面化されていなければならないということである。また、これにより演奏者は、自分のなかに湧いてくる自発的なうながしが、独りよがりな思いつきから生じているものではなく、曲にたいする深い理解から生じているという確信をもつことができる。」(75ページ) ベートーヴェン交響曲7番   数ヶ月前に本書を初めて読んでから、一度聞いてみたい、経験したいと思っていた「ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団」のコンサートに行く機会がありました。ヴァルド・ビューネというベルリン西部の野外劇場でのコンサートです。ヴァルド・ビューネは、1936年、ベルリン・オリンピックの会場として建設されました。そう。あのナチスのオリンピックです。現在では毎年6月にベルリンフィルハーモニー管弦楽団のシーズン最後のコンサートが、8月にはウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団のコンサートが開催されます。   チケットは15ユーロから。収容人数は22000人。普段はクラシックコンサートに足を運ばない人も集まるお祭りです。会場周りにはビール、ソーセージ、ピザなどの屋台が並び、背もたれのないベンチに敷物を敷いて座ります。   8月18日 ダニエル・バレンボイム指揮 ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団20周年記念、ベートーヴェン生誕250周年記念コンサート   演目; ベートーヴェン「エグモント」序曲op.84 ベートーヴェン「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」op.61 ヴァイオリン:マイケル・バレンボイム ベートーヴェン「交響曲第7番イ長調 op.92」   ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団は、14歳から28歳の若手演奏家のオーケストラで、一年中一緒に演奏しているわけではありません。毎年夏に集まり世界各地を演奏して回ります。 前半はまあまあ。ヴァイオリンのミヒャエル・バレンボイムはダニエル・バレンボイムの長男なので「親子共演が観れてよかった、気持ちの良い夏の夜をありがとう」という感じの温かい拍手が起こりました。   後半はベートーヴェン交響曲7番。 出だしの一音から前半とは全く異なるテンションで始まり、期待と興奮が会場を包みます。   第2楽章。気がついたら空が濃い群青色になり、オレンジ色にライトアップされた舞台が浮き上がっています。観客の気持ちもますます舞台に引き込まれ、ビールを飲みながら聞いていたおじさんも、フレンチフライを食べていたおばさんも集中しています。そしてフィナーレ。若々しさあふれる素晴らしいベートーヴェンで、「暖かい」とか、「きれい」とかそういう生ぬるい感情を全部上書きしてしまうような激しい喜びと悲しみを感じました。   音楽を勉強中でスランプに陥っている人も、音楽以外の芸術家を目指している人も、アートを鑑賞することが好きな人も、そうでもない人も、ぜひ本書を読んでから、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団のベートーヴェン交響曲第7番を聞いてみてください。耳障りが良いこと、優しいことは一つも書かれていませんが、音楽を勉強する、理解するヒント、人生へのヒントであふれています。   最後に、私がもっとも勇気付けられた言葉でこのテキストを閉めたいと思います。   「こんにち、モーツアルトからなにかを学べるとすれば、なにもかもひどく深刻にとる必要はないということだ。どれほど悲劇的な状況でも、どれほど恐ろしい状況でも、あらゆる状況には必ずそれほど深刻ではない側面がある。 私はそのことをモーツアルトから学んだ。ようは、まさにものごとをバランスよく保つということだ。」(183ページ) *下線は筆者による。   バレンボイム音楽論 対話と共存のフーガ/ダニエル・バレンボイム著/ アルテスパブリッシング/2008年  

ベルリンフィルハーモニー第九/ブランデンブルグ門/ 野外コンサート

先週末のバレンボイムに続いて、また野外コンサートに行って来ました。 今回は、ブランデンブルグ門の前で開催された、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の新指揮者キリル・ペトレンコお披露目&ベルリンの壁崩壊30周年記念無料コンサート。 ベートーヴェン交響曲第9番。 コンサートは、8月24日土曜日、20時から。3万人くらい来ると聞いて、早めの18時に到着すると、まだまだステージ近くに余裕がありました。 同行した友人たちと敷物を敷いて場所をとり、売店でピザや飲み物を購入し、開演を待ちます。もっとぎゅうぎゅう詰めで疲れる感じなのかなあと思って居ましたが、ここはベルリン。近くに座っている人たちと色々話したり、過去のコンサートの話をしたりしているうちにあっという間に開演時間になりました。 気がつくと、後ろの方までぎっしり人が入っています。 客層は、前の方はいつものクラシックコンサートで見かけそうな年齢層高めの人々と子連れ(結構居て、近くの子は第4楽章で寝て居ました・・・)後ろの方は、若いカップルやグループが多かったです。主催者発表では、35,000人集まったそうです。 始まる直前は周りの人たちはほとんど立って居て、立ちっぱなしで聞くのか・・・と思って居たのですが、「座れコール」がまずドイツ語で起こり、それでは伝わららないと思ったのか英語で起こり、かなりの人が座ってくれたので、私たちも座って楽しめました。 野外コンサートなので、PA使っているから生の繊細な音じゃないし、第二楽章のティンパニが悪目立ちして居たし(音楽家の友人は固定が悪かったのではないかと言って居た)変なところで拍手が始まったり、ソプラノが叫びすぎだったり、色々ありましたが、そんな細かいことはどうでもいい、素敵なお祭りでした。 歓喜の歌のあの音の暗示、メロディが最初にちらっと出てくるところ、そしてピアニッシモで始まるところ・・・35,000人の期待と喜びが空気に溶け合う感じ。 雰囲気は、あれです。ロックコンサートで、観客が待ち望んでいる曲のサビをちらっと歌って観客を焦らす、あの感じ。 サビが何度も何度も何度もしつこいくらい繰り返し出てきて、大盛り上がりに向かって行く感じ。ロックです。 ベートーヴェンって・・・・それともペトレンコの指揮がそういうスタイルだったのかな?すごく楽しそうに振って居ました。 4楽章の一瞬無音になるところで結構な数の拍手が起こってしまいええええ!と思いましたが、曲を知っているお客さんたちがしーっと合図し、静まったところで間髪入れず指揮が始まりました。 楽章ごとの拍手ももちろん起こってしまいましたが、野外の無料コンサートだし、指揮者も演奏者も織り込み済みではないでしょうか。 周りの観客たちも、ビール飲んでいい気分で一緒に歌っているし楽しくて最高でした。こんな俗っぽいコンサートはクラシックじゃない!とか言われそうなくらい、大衆受けする自由なコンサートでしたが、こんなコンサートを、ベルリン・フィルハーモニーが、無料で、ブランデンブルグ門の前で演奏してしまうところが、最高すぎるベルリンの夜でした。楽しかった・・・。 開場は3時間前。2時間前に行きましたが、前の方の良いところが空いて居ました。1時間前くらいに来る人が多かったです。 A3以上のバッグ、カメラ、パソコンなどの電子機器持ち込み禁止。 ピザなどの屋台が出て居ました。ドリンクの入れ物はデポジット制でしたが、帰りはものすごい人で返却はほぼ不可能。 トイレはかなりの数が用意されており、きれいでした。 敷物、クッション、飲み物、食べ物を持ち込んでいる人が多かったです。 こちらで公開されるようです。 デジタルコンサートホール    

群青色の空の下で聴く、ベートーヴェン交響曲第7番

ベルリンの西の端、シャルロッテンブルグの森の中に「ヴァルトビューネ」という野外円形劇場がある。 ヴァルトビューネは、1936年、ベルリン・オリンピックの会場として建設された。そう。あのナチスのオリンピックだ。 戦後は野外映画館やロックのコンサート会場として使われていたが、1965年のローリングストーンズのコンサートで、暴徒化した観客が会場や会場周辺を破壊すると言う事件があり、しばらく放置されていたが、現在では毎夏ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のシーズン最後のコンサートが、8月にはウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団のコンサートが開催される他、夏の間の様々なイベントやコンサートの舞台となっている。 ベルリン3年目の夏。 ヴァルトビューネを初めて経験してきた。 8月18日 ダニエル・バレンボイム指揮 ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団20周年記念、ベートーヴェン生誕250周年記念コンサート ベートーヴェン「エグモント」序曲op.84 ベートーヴェン「ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲ニ長調op.61」 ヴァイオリン:マイケル・バレンボイム ベートーヴェン「交響曲第7番イ長調 op.92」 ヴァルトビューネの定員は22,000人。 2000人、3000人、ときには500人の劇場で素晴らしいコンサートを楽しめるのに、わざわざ22,000人の ”クラシック” コンサートに行かなくても、と思ったけれど、演目はベートーヴェン交響曲7番。 のだめカンタービレが大好きな子供達には、”第九“よりも聞き慣れたメロディーだ。 ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団には興味があったし、行ってみることにした。 ヴァルトビューネとは、ドイツ語で「森の劇場」という意味だ。 野外劇場でクラシックを聴くこと自体が初めてなので、どんな経験になるか想像がつかなかったけれど、ベルリナーの友人たちに「今度ヴァルドビューネに行く」というと、 「僕がヴァルトビューネに行った時は、途中から小雨が降って来たんだ。雨の中聞いた***は、言葉に表せないほどすばらしかった」 「ビールとソーセージ片手に見るのよ。敷物忘れないで」 「ちょっと普通のコンサートホールとは違う特別な場所よね。ヴァルトビューネはねえ、後ろの方の席がいいのよ。一体感があって。自由席だから早めに行って」 こんなことを言う。 雨の中、ビールとソーセージ片手に聞くベートーヴェン? 想像ができないけれど、みんなヴァルトビューネのことを思い出してうっとりとした顔をしていた。どんな経験になるのだろう。   開演2時間前の17時過ぎに会場近くの駅に到着。 人波が会場目指して歩いているのでついて行く。 若い頃に行ったロックのコンサートを思い出すけれど、こちらはクラシックなので年齢層が2まわりくらい高め。 ピクニック用のブランケットのようなものを持っている人が多い。 セキュリティーチェックが2回あり、カバンの中を確認される。 会場の外には様々な屋台が出ていて、祭りの雰囲気だ。 19時ぴったりに開演。 エグモント序曲が始まる。 音がちょっと硬くて、細かい音が潰れちゃっている感じがする。 これだけの会場で生音だけと言うわけにはいかないから仕方ないけれど、ちょっと気になる。 音楽が始まっても、まだ歩いている人も、席を探している人もいて、ゆるい感じ。 私たちのお隣は、生ビール片手にピザとポテチ。 ベルリンの夏の夜は長いから、まだ空は明るい。 森の中のコンサートと聞いて、木々に囲まれたコンサート会場をイメージして来たけれど、ヴァルトビューネは、森が丸くぽっかり切り取られたその中にある。上を見上げると、大きな空。 ヴァイオリンの音色とともに、空の色が染まり、風が吹き、雲が流れ、鳥たちが帰って行く。 なんという気持ち良い時間だろう。 柔らかい風の流れに音楽が運ばれて行くのが感じられる。 赤ちゃん抱いたお母さんが歩きながら聞いたり、階段に座ったカップルが肩寄せ合って感動していたり。 一楽章ごとに拍手が起こるけれど、クラシック鑑賞のルールなど誰も気にしていない。 オーケストラの音色とともに、鳥がさえずり、たまに飛行機の音が聞こえてくる。 ヴァイオリン・コンチェルトが終わり、拍手。 今日のヴァイオリンは、指揮者のバレンボイムの息子のマイケル・バレンボイム。一箇所大きくミスをしたけれどアンコールのバッハは美しかった。演奏後父子で抱き合う姿に暖かい拍手が起こる。 後半はベートーヴェン交響曲7番。 これを楽しみにしていた子供達は1小節目の出だしの音を聞いた瞬間に身を乗り出して夢中になっていた。 第2楽章。気がついたら空が濃い群青色になり、オレンジ色の舞台が浮き上がる。観客の気持ちも舞台に引き込まれて、ビールを飲みながら聞いていたおじさんも、フレンチフライを食べていたおばさんも、じーっと集中している。 キレッキレのベートーヴェンで、前半の「美しいね」のヴァイオリンは持って行かれた。「暖かい」とか、「きれい」とかそういう生ぬるい感情を全部上書きしてしまうような激しい喜びに悲しみ。 ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団は、パレスチナ系アメリカ人の文学批評家エドワード・サイードとユダヤ人のダニエル・バレンボイムがアラブ人とユダヤ人の音楽を通した理解と融和を願って結成したオーケストラだ。 会場であるヴァルトビューネは、ナチスが建設した野外ステージ。 そんな前提の上で、でもその前提を忘れさせてしまう音楽を奏でて、観客を一つにしてしまう。 またひとつ、ベルリンですごい経験をしてしまった。 子供達の感想: 「今までで一番 “気持ちいい” コンサートだった。いつもは動いちゃいけない、音を立てちゃいけないって言うことが気になって音楽に100%集中できないけれど、今日はとてもリラックスして聞けた。音楽と、空の光が一緒に動いている瞬間があって、とてもきれいだったよ」 本当に音楽に浸るって、そう言うことなのかもしれない。   West-Eastern Divan Orchestra https://www.west-eastern-divan.org/ [ヴァルトビューネ情報] €60/50/40/30/20 19歳まで半額 古い野外会場なので階段が非常に滑りやすく、座るところはベンチ式で背もたれがなく硬いので気になる場合は敷物を持参する。 足元に自信がない場合は、2時間前の開場と同時に入り、一番上の席を取ると良い。 トイレは移動式の野外トイレが設置されていたが、一人使用するごとに掃除されとても清潔だった。 500ml以下のノンアルコールドリンクのペットボトル持ち込み可能。 A4サイズ以上のバッグは禁止。 敷物、ブランケットは持ち込み可能。 ベビーカー、車椅子、傘、カメラ、三脚など持ち込み不可。 車椅子用特別席あり。事前に連絡・相談のこと。

ドイツで子供とクラシックコンサートに行く

現在9歳の娘が、初めて生のオーケストラに触れたのは、6歳の時、パリ・オペラ座のバレエ「レ・シルフィード」を見に行った時でした。バレエの美しさももちろんですが、劇場や舞台の美しさ、オーケストラの音が印象に残った様子でした。 ピアノを習い始めて一年ほどしたころ、ピアニストの演奏を見に行きたいというので、ベルリンで内田光子さんのモーツアルトピアノコンチェルトを聴きに行きました。最初のコンサートが内田光子さんと言うのも贅沢な話ですが、親子で感動。娘もコンサートが好きになり、最近ではヨーロッパへ行く日程が決まったら、娘と一緒にコンサート選びをします。

モーツアルトピアノ協奏曲24番/内田光子/コンツェルトハウス

私も娘も内田光子さんのモーツアルトが大好きなので、今回のベルリンの最初の目的はこのコンサートでした。 ワンフレーズだけで痺れました。 いつもyoutubeで見ていたけれど、生音の迫力と、神々しさは全然違いました。 一音鳴らすだけで、空気が透明になる感じ。 アンコールのフランス組曲五番サラバンド。 この一曲を聴くために飛行機に乗って来てよかったです。 今回の演奏は、モーツァルトフェスタの一環だったのでもう一つ聴いていこうかと思っていましたが、「音が消えちゃう」と、娘が言うので、そのまま帰りました。 ちなみに、10列目で11€・・・。あまりにも破格の値段で、本当に内田光子さんが出て来られるのか、直前まで信じられませんでした。 娘は、「昨日の100倍楽しかった」長いトリルがトリルだけで音楽になっている事と、you tube で見た事のある衣装、同じ髪型、表情だったことが印象的だった様です・・・(涙) 娘はロンドンのロイヤルオペラハウスや、パリのオペラ座の方が好きだそうです。もちろん、音響とかそう言う問題では無く、「キラキラしていて可愛いお城」みたいなところが好きなのだそうで、コンツェルトハウスは娘としては地味なのだとか。十分素敵な劇場だと思いますが。 (*拍手の時の写真です) ちなみに、娘はピアニストの演奏会の後は、必ずサイン会があると思っていたらしく、「内田光子さんは無いのよ」というとがっかりしていました。握手してもらって一緒に写真を撮りたかったそうです。(本当にミーハーですね・・・)

ゴルドベルグ変奏曲/コンスタンティン・リフシッツ/コンツェルトハウス

私と一歳違いのウクライナ人ピアニスト。ゴルドベルグ変奏曲は、いつもグールドを聴いていましたが、リフシッツの演奏は、よりダイナミックでパワフル。静けさと激しさのコントラストが激しく、全曲の物語性が強い演奏で、引き込まれました。 最初のアリアから、最後のアリアまでの物語が、良い映画を見ている様なドラマチックな感動がありました。 お隣の、一人で来ているドイツ人女性は、曲が終わるごとに小さくドイツ語で「ヤー」(yes)とつぶやいていました。 最後のアリアが終わった後、長い静寂の時間があり、ピアニストが手を膝に置き、観客席の方を向いて笑顔になった瞬間に割れる様な拍手。 この、余韻を楽しむ時間も印象的でした。 演奏者と観客の対話、音楽を通した繋がり、 小さなホールの数百人の人々の心と音楽が共鳴している様な、そんな経験でした。 最後、アンコールに一曲弾いてくれたのですが、アリアで終わった方が素敵だった様な気がします。(あまりにも、最初のアリアから最後のアリアまでの流れが良かったので) 娘も一緒に行きましたが、後で感想を聞いたところ、途中かなり眠かったそうで、最後のアリアの出だしが始まったとき、「助かった!!これで終わる」と思ったそうです。休憩合わせて二時間半、前半クープラン、後半ゴルドベルグ全曲は、8歳にはちょっと厳しかった様子。 勿体ない話ですが、「前の方の席だから、私たちからピアニストが見えるのと同様、ピアニストからもこちらが見えるから、絶対にきちんと聴く様に」と言う約束通り、退屈したとしても、目に見える形では出さなかったので良かったです。(音楽に調和していない観客が座っているだけで周りの邪魔と言う感じもしますが…) 「退屈したんだったら、もうちょっと大きくなるまでコンサート行くのやめる?」と聞いたところ、「退屈かどうかは行ってみないと分からないから行きたいし、アリアはきれいで好きだったけれど、最初のアリアの方が最後のアリアより素敵だった。今度はもっと知っている曲のコンサートに行きたい。」だそうです。

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
Translate »