BAUHAUS100周年 2 バウハウス・デッサウ校舎 ガイドツアー&実用情報

デッサウ校舎のガイドツアーに参加してきた。
英語ガイドツアーは金曜日のみなので、土日にはドイツ語バージョンしかない。
チケットを購入する際に、「デッサウ校舎」と「マイスターハウス」のガイドツアーに参加したいというと、デッサウ校舎はガイドツアーに参加しないと入れない部屋がたくさんあるけれど、マイスターハウスは「個人でもツアーでもアクセスできる部屋は同じなので、(ドイツ語があまりうまくない)あなたには不要です」
と言われたのでデッサウ校舎のツアーだけ参加した。
ガイドツアー所要時間は1時間/7ユーロ。
講堂やグロピウスのオフィス、寮は、個人では入れないので、ドイツ語が全くわからなくてもツアーに参加する価値はあると思う。
ただし、ツアー参加者は20人くらい居て、みんなでぞろぞろ移動するのでゆっくり見ることは難しい。ツアーで一通り歩いて、後から気になったところはもう一度見て回っても良いかもしれない。

 

時代背景

1902年 アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデが「工芸ゼミナール」を設立
1914年 第一次世界大戦開始
1915年 グロピウスが工芸ゼミナールの校長になる
1918年 第一次世界大戦終結
1919年 国立ワイマール・バウハウス設立
1921年 パウル・クレーが教授として参加
1922年 ワシリー・カンディンスキーが教授として参加
1923年 デッサウに航空機メーカーのユンカース発動機工場有限会社が設立
1925年 デッサウ市立バウハウス設立
1928年 ハンネス・マイヤーが校長になる
1929年 世界恐慌
1930年 ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエが校長になる
1932年 バウハウス、ベルリンに移転
1933年 バウハウス解散
1933年 ヒトラー内閣
1939年 第二次世界大戦開始

1996年 ワイマールにバウハウス大学が設立された
1999年 デッサウに「バウハウスコレーグ」が設立された

 


 

デッサウでは当時、ユンカース航空機などの製造業が盛んで、市としてバウハウスの招致に積極的であり、公共、私企業を問わずバウハウスと密接な関係を結び新しい素材や製品が開発された。
第一次世界大戦で破壊された街の復興のために、新しいデザイン、建築が必要であるという信念があった。
芸術と技術を融合させ、大量生産が可能な仕組みを作り、一般市民にシンプルで美しいデザインの住宅や家具、道具を供給する。赤、青、黄色の三原色と三角、丸、四角というシンプルな形がバウハウスの基本となり、1933年に閉校するまでの14年間で、モダン建築、デザイン、芸術、絵画などに大きな影響を残した。
第二次世界大戦前後に多くのバウハウス関係者はアメリカに亡命し、様々な形でバウハウスの活動を引き継いだ。

 

[Work shop ワークショップ]

ガラスのカーテンウォールが素晴らしいワークショップ。
グロピウスは「透明である・オープンであること」にこだわって、このガラスのカーテンウォールをデザインした。
天井のライトは、1926年にマリアンネ・ブラントとHans Przyrembelがデザインしたもの。バウハウスで見かけるデザイン全てに思うことだけれど、100年近く前にこのスポットライト型ランプがデザインされて居たことに驚く。当時、車を持っていたのはグロピウスだけで、バウハウス校舎の周りには馬車が走っていた。

第二次世界大戦中、1945年に近くに爆弾が落ち、ガラス・カーテンウォールは破壊された。戦後しばらくの間は、窓はレンガで覆われ、爆撃された近所の病院の代わりになっていたので、バウハウスで生まれた人もいる。

 

1963年に再建が始まり、ガラス窓が再生されたのは1976年のことだった。
バウハウスのオリジナルの素材には、当時実験的に作られたものが多数あり、この部屋に使われて居たガラスも、現在のガラスよりもよく光り、反射するクリスタルガラスだった。そのため、外から見た時のバウハウスの印象は、現在よりもさらに強烈なものだった。
残念ながら、今はもうオリジナルと同じ素材は手に入らない。

1976年に、バウハウスに関係するものの収集が始まった。現在ではそのコレクションは、45000点に上り、9月にオープンする博物館に展示される予定だ。オリジナルの家具は全て博物館に展示される予定なので、校舎内に置かれている家具のほとんどはレプリカだ。
この部屋は、夏は暑く冬は寒く、真夏は男性達は上半身裸で作業をしていた。
この窓枠のメタルの色は、黒だったと長く信じられてきたが、最近の研究により、オリジナルは薄いグレーだったと考えられている。
モダン建築には、1920年代の白黒写真の影響で、コントラストの強いモノトーンのイメージが強いが、実際のデッサウ校舎には、様々な色があふれていた。

 

[グロピウスの執務室]

グロピウスはこの部屋で、学生やマイスターたち、バウハウスの製品製造を請け負う近隣の工場や会社の代表者などと会った。

床は焦げ茶色のトリオリンで作られている。
当時、すでにリノリウムの床は発明されていたが、第一次世界大戦後、リノリウムには高い税金がかけられ、非常に高価だったため、代用品のトリオリンが使用された。トリオリンは、耐火性が低いため現在では使用されない。

レモンイエローのアームチェアー(1920)や桜の木でできたデスクは、グロピウス自身がデザインし、ワイマールからデッサウに持ってきたもののレプリカ。
一般的には、立場が高い人がすわり心地の良いアームチェアーにすわり、学生などの立場が低い人がシンプルな椅子に座るものだが、この部屋では高い立場のゲストも、低いゲストも、常にアームチェアーをすすめられた。アームチェアーの肘掛は、新聞を広げて読むときに腕が疲れないよう、最適な高さにデザインされている。

グロピウスは、マルセル・ブロイヤーの最新作に座ることを好んだ。

 

[エントランスエリア]

当時の建物には、立派な正面玄関があるものだったが、このデッサウ校舎には“正面”がない。また、玄関に入ったら壁があるものだったが、ここではオープンな空間と大きな窓があり、ガラス越しに素晴らしいパノラマが楽しめる。

天井ランプのデザイナーは、ロシア人のマックス・カイエスキー(Max Krajewski) 。彼は従来のナシの形のランプではなく、細長いランプ円筒型のランプをデザインした。

 

[講堂]

講堂の椅子も、マルセル・ブロイヤーが手がけた。
当時感染症がはやっていたため、清潔を保ちやすいように、シンプルなフレーム&洗える布、というデザインにした。(ペニシリンが発明されたのは1929年)
バウハウスデザインの講堂は世界中でここにしかない。
バウハウスでは、ダンスや音楽なども取り入れられ、この講堂で披露された。

講堂の隣には食堂があり、当時は学食として使用されていた。今でも宿泊客、観光客、学生、スタッフの食堂として使われている。

 

 

バウハウスという名前はバウヒュッテBauhütteという言葉から来ている。
バウヒュッテとは、中世ドイツの職人協同組合を指す言葉で、マイスターを頭とする徒弟制度が特徴。デッサウ・バウハウスでもその思想が取り入れられて居たため、教師はマイスターと呼ばれた。

 

 

マリアンネ・ブラント(1893-1983)
1924-1926年学生としてバウハウスに在籍。クレーやカンディンスキーの教えを受ける。金属工房唯一の女性。1933年までバウハウス関連の仕事につく。彼女がデザインした卓上ランプは、バウハウスデザインの中で、現代までに最も広く普及しているデザインのひとつ。

 

Hans Przyrembel (1900-1945 ) ドイツ・ハレ出身
鍵屋の見習い終了後、第一次世界大戦従軍。
1924-1928年 バウハウスに在籍。マリアンネ・ブラントとともに様々なデザインを生み出し、1932年にはマイスターになったが、第二次世界大戦に従軍。1945年に亡くなった。

 

マックス・カイエスキー(Max Krajewski)
また、彼は一時期プレラーハウス(寮)で暮らし、1930年までバウハウス関連の仕事をして居たが、1931年にソ連に移住した。

 

 

[入場&ガイドツアー詳細]

シングルチケット
バウハウス・デッサウ校舎、マイスターハウス、コンシュームビルディングのうちの一軒のみ入場可能。当日のみ有効。
8.50ユーロ/5.50ユーロ(割引)18歳以下無料

オールインワンチケット
全ての建物にそれぞれ一回に限り入場可能。3日間有効。
15ユーロ/11ユーロ(割引)18歳以下無料
(デッサウ校舎ではチェックがなかったので複数回入場可能だった)

ガイドツアー:7ユーロ・割引料金なし・18歳以下無料
オーディオガイド(日本語あり):5ユーロ
写真撮影許可:5ユーロ


バウハウス・デッサウ校舎 10:00~17:00
マイスターズハウス 10:00~17:00
12/24~26、12/31~1/1を除く毎日

英語ツアー:金曜日のみ
12:00 バウハウス・デッサウ校舎
13:30 マイスターズハウス
15:30 テルテン集合住宅・消費者組合ビル


ドイツ語ツアー

平日
11:00 14:00 バウハウス・デッサウ校舎
12:30 15:30 マイスターズハウス
15:30 テルテン集合住宅・消費者組合ビル(土日の開催については不明)

土日
12:00 16:00 バウハウス・デッサウ校舎
13:30 マイスターズハウス

 

[バウハウスバス]

10時から15時まで30分おき。シングルチケット1.7ユーロ、1日乗り放題5ユーロ。天気が良い日は、自転車を利用しても良い。中央駅、デッサウ校舎とマイスターズハウスのみであれば、徒歩で回れる。

停車駅
Kornhaus コルンハウス
youth hostel ユースホステル
Masters’ Houses マイスターズハウス
Bauhaus Building バウハウス・デッサウ校舎
Train station デッサウ中央駅
Bauhaus Museum Dessau バウハウス美術館(2019年9月開業予定)
historical Employment Office 職業安定所
Steel House 鉄の家
Estate Dessau-Törten (Konsum building) テルテン集合住宅
the Houses with Balcony Access (by Hannes Meyer) 外廊下のアパート

 


参考:

ガイドツアーの内容及び下記を参考にしました。
なお、内容は2019年8月現在のものです。変更される場合がありますので、旅行前に確認してください。

Stiftung Bauhaus Dessau

Architecture, art and design – 100 years of the Bauhaus

Bauhaus Dessau: Architektur-Gestaltung-Idee. Architecture-Design-Concept Paperback – 19. March 2007

Posts created 40

2 thoughts on “BAUHAUS100周年 2 バウハウス・デッサウ校舎 ガイドツアー&実用情報

  1. こんにちわ、とても読みやすくて参考になりました!年始にバウハウス へ行こうと思っているのですが、チケットの割引料金と、通常料金の違いはご存知でいらっしゃいますでしょうか?
    前にも一度行ったのですが、その時は割引とかなかったので、、、
    少しでも安くできるなら、割引にしたいなと思っております。

    1. こんにちは。コメントありがとうございます。
      私もこの記事の時に行ったことしかないので、詳しいことはわかりません・・・。
      博物館もオープンしたので、セット割引料金とかできていると思います。
      かなり寒いと思うので、気をつけていらっしゃってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
Translate »