頑張らないマラソン大会

5年生の娘は今日、マラソン大会でした。 マラソン大会… 昭和な私には、寒くて辛い河川敷を毎朝走らされた、辛くて暗い思い出しかありません。 「ママ、うちのクラスの子は、4人でないの。その子達は学校でお勉強なんだよ〜私たちはマラソン!」 あれ、“辛くて暗い”はずなのに、楽しそう。 「ママ、競争じゃないから、自分のペースで走りなさいって先生が言ってた。」 「ママ、何周走るかは自分で決めていいの。私何周走ろっかな〜」 「どのくらい早く走ったらいいと思う?」 「ん〜あまり最初から飛ばすと疲れるから、ゆったり走ったら?」 「先生もそう言ってた。頑張りすぎたらダメだって」 あれ? さすが自由都市ベルリン・・・。 「辛くて暗い」とはかなりイメージが異なります。 スタート地点はブランデンブルグ門 門の目の前に広がる広大な緑地、ティアガーデンの中を走る大通りはマラソン大会のために通行止め  一周3キロのコース  ベルリン中の小中学校から出場面白そう。 近くまで行く用事もあったので始まりだけ見に行ってきました。 マラソン大会の場所はここの中。 そういえば・・・・タクシーやバスで通りかかったことはあっても、この門の目の前に立つのは初めてです。 門の内側には、ステージが設けられ、子供達に人気の音楽がガンガン流れています。娘によるとyoutubeスターもきていたとか・・・。 中に入ると、すごい数の子供達。 道の両脇には、各学校の名前が書かれたテント、露店、水配布所、救急車などが並びます。 この日の気温は30度近く、ベルリン的にはかなり暑い印象。 なかなか始まりません。 結構小さな子供もいて、迷子にならないか心配になるほどカオスです。 子供たちは、踊ったり歌ったり、ジュースやクレープを買って食べたり、マラソン大会と言うよりお祭りの雰囲気です。 なんだかよくわからないうちに走り始めたので、露店でリンゴジュースを買ってとりあえず娘が通りかかるのを待つことにしました。 私の前を、たくさんの子供達が走り過ぎて行く・・・・というか、走ってないし。 あれ。 マラソン大会? のはずなのですが、 走っている子は全体の半分くらい。 真剣に走っている子の隣には、音楽を聴きながらほとんど踊ってる子、友達とのんびり歩いてる子、親に励まされて頑張る子。 肌の色も様々。 スカーフに長袖のムスリマの子も居ました。 私は一周だけ見届けて帰宅したのですが、午後、帰って来た娘の腕には4個のスタンプがありました。 なんと、「自由に走って良い」マラソンなのに12キロも走ったそうです。 「すごいね!ママ12キロも走れないわ!」と言うと、 「もちろん、12キロずっと走っていた訳じゃないよ〜歩いたり走ったりして4周した。途中でクレープも食べたよ。youtubeスターの***も走ってたんだよ〜私たちきゃーってなっちゃった!!すごい人なんだよ〜」 「youtubeスター?わざわざ来てたの?」「違うの彼は6年生なの!」 「最初、私はどんどん走りたかったんだけれど、**ちゃんと一緒に走ることになっててね。それで**ちゃんが迷子の子を見つけちゃって、その子のお友達をずっと探していたから出遅れちゃった」 ・・・・・ 子供時代にこんなマラソン大会があったら出たかったかも。

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
Translate »