ドイツ青少年音楽コンクール 地区予選&授賞式コンサート

娘がドイツ青少年音楽コンクール・ベルリン中央地区予選に出場しました。 <ドイツ青少年音楽コンクール> 2月に地区予選&受賞コンサート 3月に地域本選&受賞コンサート 4月に全国本選&受賞コンサート 様々な楽器部門が、それぞれの楽器について3年に一回開催される。 参加費は無料 趣味の子も、プロを目指す子も出てくる。音楽系のギムナジウム(中学高校)、大学に進みたい場合、このコンクールの結果が非常に重要という噂… カテゴリーは2歳刻み。カテゴリー1の部(9歳まで)は地区予選までで終了。カテゴリー2の部(10歳、11歳)は、地域本選までで終了。地区予選、地域本選、全国本選のそれぞれの部の優勝者による受賞者コンサートがある。受賞者コンサートの会場は豪華で、ベルリン芸大のホールやコンチェルトハウスなど・・・・。 25点満点で、23点以上が次に進める。 ベルリンの場合、北部、中央(ミッテ)、南部の三つに分かれていて、中央の受験者が一番多い。娘が出たのはベルリン中央。 ベルリン中央、カテゴリー2(10歳、11歳)の今年の受験者数は29人。予選通過は8人。(ベルリン全体では、受験者数は57人。通過は19人) 曲は、各時代の曲を2曲以上組み合わせて6分以上10分以内に収めること。 バロック、古典、ロマン、現代の4曲弾いた子供が多かったけれど、2曲の子もいれば5曲の子も居た。楽譜が出版されている事という決まりはないので自作曲を弾いた子が居た。 曲の難易度は、かなり簡単なものから、ショパン練習曲や難しめのバッハまでかなり幅があったけれど、ソナチネアルバム&インベンションレベルが弾ければ十分。 バッハ(及び古典)の上手い下手の差が激しかった。ロマン派の曲は、それなりにみんなそれなりに聴かせる。 申し込みはHPから。一度だけ正式な手紙が来る他は全てメール。 曲目変更は、一ヶ月前までメールで可能。弾く順番の変更は、その場で本人が口頭で言えば可能。 演奏時間の30分前までには到着すること。試弾できると思うからと先生に言われ一時間前に到着。実際に弾くピアノ(スタインウェイ)の試弾5分、まるまる一時間練習室を与えられた。(グランド&アップライトあり。部屋によりアップライトのみの場合も) 本番は録音録画禁止

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
Translate »