How to find a flat in Berlin???

berlinapartment2
最近よく子供達とベルリンに行くので、毎回大きな荷物を持って通うのは大変・・・と言うことで4月にアパートを探しました。

ベルリンのアパートの家賃はマラケシュと同じくらい。
マラケシュでは外国人がバカンスのためにアパートを借りることは一般的なので、同じような調子で探し始めたのですが・・・

「 物件サイトはドイツ語」

当然ですね。でも、今までベルリンに来て、英語が通じなかったことがあまりなかったので、英語で何でもできる様に勝手に思い込んでいました。

英語や日本語でも探せるサービスがあるのですが、外国語対応のところはそれだけ割高なので、普通の不動産サイトで探しました。こちらからの連絡は英語でOKでしたが返信はドイツ語で来ることが多かったです。また、問い合わせをしても返事がこないことが多かったのですが、ドイツ語で問い合わせメールをしていればもうちょっと返信率が高かったかもしれません。

http://www.immobilienscout24.de/

http://www.immowelt.de/

http://www.immonet.de/

上記すべてのサイトに掲載されているアパートもあれば、1サイトしか掲載していない場合もありました。
アプリを入れると便利です。

「貸し手市場」

マラケシュのアパートは「借りてください」&外国人大歓迎ですが、ベルリンのアパートは「貸して頂く」という感じです。物件探しでは、

  • 不動産サイトに自分のプロフィールをかなり細かく入力します。
  • プロフィールをおおかた完成させた上で、自分の条件にあったアパートを選び問い合わせをします。
  • 問い合わせ後、結構な割合で「すでに決まりました」「すでに商談中」という返事が来ます。
  • ポツポツと、「見学」についてのメールが来るのですが、「*月*日*時*分」集合と書かれています。
  • その物件を見たい場合は、この時間に来てね。来られなかったら見られません。
  • という意味です。日本やモロッコの様に、幾つかの物件をハシゴすることはおろか、こちらの都合に予定を合わせてもらうこともできません。
  • オーナーの都合に合わせて動けない場合はその物件とは縁がなかったということになります。
  • ベルリンのアパートの空室率は2%だとか・・・本当に早い者勝ちですね・・・

「キッチン」

無いものが結構あります。こちらに長い日本人の方に聞いたところ、「キッチンですか?気に入ったものを持ち運ぶ人も多いですよ」だそうです・・・・。なかなかハードですね。

160424_10

ここはかなり綺麗なキッチンが付いていました。冷蔵庫、オーブン、レンジ、食洗機付き。

「古い物件」

せっかくベルリンで家を借りるのであれば、できれば築100年以上の古い物件を借りたいところ。不動産サイトには建築年代が書かれていますが、19世紀、20世紀初頭のものも珍しくありません。とても魅力的なのですが、いくつか問題が・・・。
おそらく昔は大きな一軒のアパートだったものを幾つかに仕切っているので間取りが変なのです。幅が60センチくらいしかないように見えるバスルーム、玄関を入ると突然キッチンでその奥にリビング&寝室がある、寝室が先にありその先がリビングルームなど。

また、古い物件は当然エレベーターなし多数。素敵な屋根裏部屋の広告には「あなたの毎日の運動のために!」と書かれていました・・・。

160424_01

床がとても魅力的なアパート。天井高は360くらい。


さて、私の条件は

  • 60平米以上
  • 天井高300cm以上。窓枠の形や床板はオリジナルの古い物件。
  • エレベーター付き
  • キッチン付き
  • バスタブ付き
  • ピアノ可
  • 子供・ペット可
  • 娘のピアノの先生のお宅から徒歩圏
  • 買い物がしやすくカフェなどがある活気がある地域から一本入った静かな通り
  • 外国人が程よく多いミックスカルチャーの雰囲気がある地域
  • 公園、湖、河などの近く。
  • 0階(日本の一階)は防犯の面でNG.
  • 家賃は1平米10ユーロ程度まで。

 

今まで、ベルリン芸大近くのアパートホテルを毎回利用していたので、旧西側が良いなあと思い、シャルロッテンブルク、ヴルマスドルフ、ベルビュー、シュテーグリッツあたりまでで探すことに。
160424_02

ベルリン在住が長い外国人と会うたびにアパート探しについて情報収集しましたが、みなさん今暮らしている地域が一番好き!という地元愛が強い方が多く、旧東に住んでいる人は「東が一番面白い」西に住んでいる人は、「西が落ち着いていて離れられない」という感じで、自分が暮らしている地域の近所をお勧めされるのが面白かったです。それだけ満足度が高いということですね。

160424_07

(100年以上前からある階段)

合計50件くらい問い合わせをしました。

その中で返事が来たのは15件くらい、そのうちの半分は「すでに借り手が決まりました。すでに契約交渉中です」でした。

見に行ったら即決しないと借りられないと聞いていたので、見学の前に物件の住所をグーグルマップに落とし、毎日ひたすら歩き回り、部屋を見たら即決できるようにしていました。

歩いてみると、ベルビューのアパートから駅までの間にはホームレスが多いとか、夜は多分真っ暗になるとか、シュテーグリッツには美しいアパートが山ほどあるけれどあまりにクラシックな雰囲気すぎて外国人には暮らしにくそうとか、道を一本挟んだだけで街の雰囲気がガラッと変わるとか、いろいろな発見がありました。


ベルリンで家探しをする際に必要な書類

  1. 過去三ヶ月分の収入を証明する書類または、労働契約書
  2. 過去に家賃の滞納などが無いことを証明する書類
  3. 信用調査書(schufa)
  4. 申込書
  5. パスポートのコピー

1から5まで揃っていないと問い合わせすら出せない設定になっている物件もありましたが、初めて借りる場合は揃っていなくて当たり前なので、他の書類でいかに信用がある借り手かアピールします。

日本から来る場合は、役所発行の英文の納税証明書、銀行から発行された残高証明書があると良いと思います。
また、書類は物件を見にいく当日にコピーを持参します。

気に入ったらその場で担当者に渡し、詳細を詰めます。
アパートの見学と言うのは、普通は貸し手が借り手に物件の素敵さをアピールする場だと思うのですが、ベルリンでは逆。
借り手が貸主に「自分がいかに良い借り手か」と言うことをアピールする場のようです。
アポの日時に行くと、大抵他の見学者も居ますから、その中で最も良い借り手であることを、その場でアピールする必要があります。
お役所でもお店でも、不動産でも同じなのですが、ドイツでは担当者の裁量権がかなり大きいらしく、アパートを見に行った時の担当者の印象次第で借りられるかどうかが決まる感じです。

「印象」には、銀行残高の金額や仕事があるかどうかなどの現実的なことから、会話を交わした時の印象、服装なども含まれると思います。
私は、ドイツ在住歴20年以上の友人に付き添ってもらい、ドイツ語でいろいろアピールしてもらいました。


 

160424_12


所要時間

10日の予定でベルリンに行きましたが、結局二週間かかりました。

契約ができたらすぐにモロッコに帰る予定で、滞在を1日ずつ伸ばしていたので、毎朝パッキングしてチェックアウト。連絡待ち。まだ時間がかかりそうな場合はブッキングドットコムで当日予約可能なところを予約して1日伸ばすの繰り返しでかなり疲れました・・・。

でも。ベルリン在住の人に話すと、2週間で契約できたのはかなり運が良いそうです。

結局、契約したアパートは、

残念ながら床板が新しかったことと、エレベーターなしの3階ですが、かなり素敵な地域にある気に入った物件だったので、ベルリン滞在中は頑張って階段を登ろうと思います。

160424_17

 

Posts created 40

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
Translate »