モーツアルトピアノ協奏曲24番/内田光子/コンツェルトハウス

私も娘も内田光子さんのモーツアルトが大好きなので、今回のベルリンの最初の目的はこのコンサートでした。 ワンフレーズだけで痺れました。 いつもyoutubeで見ていたけれど、生音の迫力と、神々しさは全然違いました。 一音鳴らすだけで、空気が透明になる感じ。 アンコールのフランス組曲五番サラバンド。 この一曲を聴くために飛行機に乗って来てよかったです。 今回の演奏は、モーツァルトフェスタの一環だったのでもう一つ聴いていこうかと思っていましたが、「音が消えちゃう」と、娘が言うので、そのまま帰りました。 ちなみに、10列目で11€・・・。あまりにも破格の値段で、本当に内田光子さんが出て来られるのか、直前まで信じられませんでした。 娘は、「昨日の100倍楽しかった」長いトリルがトリルだけで音楽になっている事と、you tube で見た事のある衣装、同じ髪型、表情だったことが印象的だった様です・・・(涙) 娘はロンドンのロイヤルオペラハウスや、パリのオペラ座の方が好きだそうです。もちろん、音響とかそう言う問題では無く、「キラキラしていて可愛いお城」みたいなところが好きなのだそうで、コンツェルトハウスは娘としては地味なのだとか。十分素敵な劇場だと思いますが。 (*拍手の時の写真です) ちなみに、娘はピアニストの演奏会の後は、必ずサイン会があると思っていたらしく、「内田光子さんは無いのよ」というとがっかりしていました。握手してもらって一緒に写真を撮りたかったそうです。(本当にミーハーですね・・・)

ベルリン・ピアノの旅

娘と二人で、ベルリンに行ってきました。 昼間は私の用事があり、朝夕はピアノ三昧の旅で、買い物&観光はほとんどできませんでしたが、帰りのフライトで娘が「後一ヶ月は居たかった」と言う位素敵な旅でした。

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
Translate »