ディアモロッコのラグ

ハンドメイドとしての魅力がある、暖かみがある、居心地が良い、派手さは無いけれど、落ち着く・・・・。ラグの魅力は100枚あれば100通りあります。
派手でパッと人目を引くアクセントにお勧めのラグもあれば、地味だけれどそのカーペットがあるだけで落ち着くような名脇役になりうる1枚も。

1枚1枚、魅力のあるラグ&カーペットを集めています。

ユーズドラグ&カーペットを多数扱っています。
ほとんどのユーズドは、最初の持ち主の手を離れてから私たちが買い付ける為、正確な年代は分かりません。モロッコの田舎には、自分の年も正確にわからない人々が沢山居ます。ラグの正確な古さを知ることは殆ど不可能です。
古いラグには穴やほつれがあるものもありますが、丁寧に修復した上で販売しています。

「歪み」があるものについてはそのままです。

モロッコのラグ&カーペットは、主に「ベルベル人」と呼ばれる先住民族の女性によって織られます。彼らは少し前まで春から夏に掛けては移動しながらテントで暮らし、冬の間だけ村に定住するという遊牧生活を送っていました。
ラグやカーペットに限らず、ベルベル人の作るものには「真っ直ぐ」や「直角」が少ないのが特徴です。自然と近い暮らしをしている彼らは、曲線を好みます。ベルベル人の古い民家は、丸みを帯びた天井、ちょっと歪んだ木のドア、すり減った階段、不思議な高さの入り口・・・・等々、私たちの「住居」の常識を覆すような丸みのある住居空間です。
特にウール×ウールで織られたユーズドは、歪みがあるものが殆どです。
織り手の女性の未熟さにより歪んでしまうと言うよりは、最初から真っ直ぐにするつもりがない、気にしないで織られたものなので、あらかじめご了承ください。

モロッコの、ラグ&カーペットの魅力は、織り手の女性が自宅で使うために、自由な発想で織ったものだと言う事。緻密な模様のものも、無地に大胆なアクセントが織り込まれているものもありますが、デザイン画などは無く、「思いつき」で織られたものが殆どです。織り手のセンスや思い、願いがはっきりと表れる、個性的なものに仕上がります。


ラグの染色・使われている染料について

モロッコに、人工的な着色料が入ってきたのは19世紀のこと。
簡単に美しい発色のウールが得られるとあり、あっという間に隅々まで行きわたりました。当時は、天然染色の方が良いという発想はなかったため、天然染色の伝統・技術はあっという間に失われたそうです。
現代では、外国人主導のワークショップなどで、天然染色が行われていることがありますが、無染色のウールを使ったベニ・ワレンラグなどをのぞき、ほとんどのラグが人工的な染料で着色されたウールを使って織られています。


大判サイズラグ 2 x 3m

モロッコのベルベル人による、本物のヴィンテージラグをお探しの場合は、このサイズからお探しください。このサイズのラグは、昔遊牧生活を送っていた人々が、テントの床に寝床として敷いていたもの。家族全員が川の字になれるように、長めの長方形になっています。遊牧生活をする人がほとんどいなくなった現代ではほぼ織られないサイズなので、古い逸品が多いのがこのサイズ。パッと見て大きすぎると思われることが多いのですが、リビングルームの主役として大胆に使うと非常に効果的で、インテリアデザイナー、コーディネーター、建築家などのお客様が、クライアント様向けにセレクトされることも多いです。

中判サイズラグ 150 x 80cm

エリアラグ、アクセントラグとして使いやすい中判サイズ。
元々は、馬やロバのサドルカバー(鞍)として使うために織られたサイズで、ヴィンテージの美しいラグが見つかることがあります。
昔、モロッコの田舎では適齢期の若い女性は、若い男性と話をしたり、付き合ったりしないものでした。近所の***がとてもいい子らしい、などの噂を聞いて、知人友人家族などの紹介でお見合いをして結婚するというのが一般的なパターンでした。
田舎では、ラグ織りは女性の嗜みの一つで、「***の織るラグはとても美しく丁寧」というのは、結婚につながる大切な要素の一つだったそうです。ラグのほとんどは、家の中で使われますが、サドルカバーラグは、外で使われます。そのため、サドルカバーラグは、ラグの織り手としての腕をアピールするのに最適だったそう。そのために、特に丁寧に美しく織られたものが多かったのだとか。。。