インベンション1番

娘のピアノレッスンで、次回からインベンション1番に入るので、譜読みしてくる様にという宿題が出ました。大分前に、今年度中に入るので楽譜を用意する様に言われ、内心(まだかな…)と思っていたのでやっと!と言う感じです。(モロッコの今年度は、6月末まで)

娘は今まで、C.S.バッハの作品やプレインベンション的な曲は何曲か弾きましたが、ご本家は初めて。インベンションは日本でピアノを習う子は必ず弾く、プロのピアニストも弾く曲だと娘に説明すると、早速張り切って右手を練習し始めました。譜読み・右手は今弾いている曲(モーツアルト・ウィーンソナチネ6番・第一楽章&最終章)よりも簡単!と娘は調子に乗っていますが、両手、合わせて美しく弾けるかな〜楽しみです。楽譜を見ながら、「追いかけっこだね〜」と楽しく言っていますが、ピアノの追いかけっこは結構大変です…。

娘の練習を聞いていたら、いかにもバッハな旋律が素敵で私も練習したくなってしまいましたが、一緒に、と言うのはさすがに良くないと思うので、娘が合格するまでお預け。

娘も、やっぱり八番が格好良いというので、1番→8番、1番→4番→8番だと良いなあと思いますが、ちょっと常識では測りきれない先生なので、いきなり別の作曲家に飛んだりしそうです・・・。夏の長い長いバカンス前に、幾つか弾ける様になっていると良いのですが。


 

Inve_01_edited-1

 

画像は、

http://imslp.org/wiki/15_Inventions,_BWV_772-786_(Bach,_Johann_Sebastian)
からDLした18世紀の手書き譜です。
雰囲気があって素敵だなあと思ってみていたのですが、あれ?有名な冒頭、ドレミファレミドじゃ無い。謎です。

モロッコ雑貨&インテリア ディアモロッコ

ディアモロッコ/アマゾン(バブーシュのみ)

彩りの街をめぐる旅 モロッコへ Morocco Guide Book (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー) 

モロッコのバラ色の街 マラケシュへ (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー)

コメントを残す

Required fields are marked *.