モロッコから猫を日本に連れて帰る方法メモ

モロッコから猫を日本に連れて帰る方法

友人のために調べてみたところ、中々大変そうなので、こちらで動物を飼っている方、飼おうと思っている方向けに情報シェアします。
私は、猫を日本に連れて帰った事がありません。「猫 日本 入国」などで調べると、たくさんの経験談が出てきますので、検討中の方はご自分で調べてみて下さい。情報は変わる可能性があります。必ず、日本の動物検疫所に最新の情報を問い合わせの上、手続きして下さい。


 

<手続き編>

まず、猫を連れて日本に帰る準備は、帰国予定の約1年前からスタートする必要があります。(途中、猫の体調不良等で予防接種が予定通りにできなかった場合等を考慮して)

モロッコは狂犬病発生国なので、

http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/import-other.html

このような手順を踏んで、猫を日本に輸入する事になります。
生後一ヶ月の仔猫を拾った、と仮定して掛かる時間を想定してみました。かっこの日数は、生後一ヶ月の仔猫の準備をし始めた日からかかる日数です。

1 .マイクロチップによる個体識別(30日)約500DH

クリニック等で入れてもらう事が出来ますが、「国際標準化機構(ISO)11784及び11785に適合するマイクロチップ」又はモロッコのクリニックで扱っているマイクロチップを、帰国予定の日本の空港の動物検疫で読み取れるかどうか(リーダーがあるかどうか)を確認してから装着します。マイクロチップは、小さいうちに入れた方が、ショックが少ないとの事。ある程度大きくなっている場合は、去勢/避妊手術の際に入れると良いそうです。マイクロチップの装着は生後2ヶ月くらいで出来る様です。

2.一回目の狂犬病の予防接種(60日)約200DH

狂犬病の予防接種は、生後90日以上から接種可能です。マイクロチップを入れる前に受けた接種は無効です。生ワクチンは無効なので、必ず事前にワクチンの種類を確認しましょう。

3.二回目の狂犬病の予防接種(90日)約200 DH

一回目の接種から一ヶ月以上空けて二回目の接種を行ないます。
一般的には、狂犬病の予防接種は一年置きに行なうもののため、一ヶ月置きの接種は過剰であり副作用が出る事もあるため、出来ればもう少し日を空けた方が良いそうです。

4. 血液検査。狂犬病の抗体値の確認(90日)約2000DH

検査は、3と同日にでも出来るそうですが、抗体値が十分でない場合、再検査又は再接種が必要。検査は、日本政府が指定した機関で行なう必要があります。モロッコには、日本政府が認定した検査機関がありませんので、検体をフランスに送ります。数千DH掛かるそうです。所要時間は分かりません。獣医さんに検体発送をお願いする場合は、必ず日本政府認定の機関のリストを渡してお願いする事。
この検査結果については、検査日から丸二年有効/二年以内に再検査を受けた場合は、再度予防接種を一から受け直す必要はありませんが、検査日から丸2年経過してしまうと、最初からやり直しだそうです。

5.現在住国で、抗体値の検査日から180日間待機する。(270日)

6.猫の日本への輸入方法を決め、予約をする。

航空会社により、取り扱い方法、取り扱える数等が異なるため要問い合わせ。

7.日本入国の40日前までに到着予定の空港を管轄する動物検疫所に届け出をする。

8.出発直前(できる限り出発2日以内)に、狂犬病及びレプトスピラ病(犬のみ)にかかっていない又はかかっている疑いがないことについて臨床検査を受け、さらに、臨床検査及びこれまでの処置(1. ~ 4.)について記載した輸出国政府機関発行の証明書を取得する。

「出発の二日前に受診して、政府機関発行の証明書を取得する」
と言うのは、モロッコでは中々ハードルが高そうです。この手続きに関しては、事前に獣医さんに相談して色々教えてもらう必要があるでしょう。そもそも、例えばマラケシュの様な地方都市や、もっと田舎の場合、政府機関発行の証明書が取得できるのかどうか分かりません。(モロッコでは、書類取得のためにラバトに行かなくてはならない事も多い)
すべての書類が揃ったら、出発前に日本の動物検疫にファックスすると、チェックしてもらえるそうです。

 

日本の輸入通関関係はかなりシビアなので、書類や手順が一つでも異なっていると、通関できない可能性があります。その場合、猫だけ入国できず、最大180日の勾留になります。
勾留中にストレス性の病気や感染症で死んでしまう事も珍しくないと聞きます。ちなみに勾留になった場合の猫の世話は飼い主の責任です。一週間前に予約をすれば面会が出来るそうですが、空港まで毎日通うことが現実的ではない場合は、代行業者に委託する事が可能だと言う事です。
一日二回餌を与えてもらいトイレを掃除してもらう費用は、一日3000円程度。100日勾留になった場合、30万円掛かりますが、それでも、今まで飼い主に可愛がられていた猫は孤独で病気になってしまうのではないかと思います。

生後1ヶ月の仔猫について、準備する場合、最短で270日掛かります。途中で猫の体調不良等のために予防接種の間を空ける等した場合は更に時間がかかります。大人の猫の場合、チップを入れる日から換算して、最短180+30日=210日掛かります。


<フライト編/手荷物扱い>

*モロッコから日本へ帰国する際に良く使用されるエールフランス便では、8キロまでのペットの機内持ち込みが認められている様ですが、エコノミーの場合、足元に入るサイズに制限されているので、ケージはかなり小さめにする必要があります。機内では一切出す事が出来ませんが、手荷物検査では、猫はケージから出して飼い主が抱っこして通り、ケージは検査を通すそう。神経質な猫の場合かなり大変そうです。また、慣れない気圧の変化などで泣き叫ぶ可能性も。

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/local/guidevoyageur/pratique/animal_cabine_airfrance.htm

詳細は上記URL に記載されていますが、モロッコからパリ乗り継ぎで日本に帰国する場合フライトに寄っては乗り継ぎ時に一旦フランスに入国する形になります。

その場合は

「単純な乗り継ぎ(乗り継ぐ空港で入国しない)の場合は、輸出国で取得した政府機関発行の証明書があれば問題ありません。しかし、乗り継いだ空港で犬(猫)とともに一旦入国してしまうと、入国した国の政府機関発行の証明書が必要となります」

と言う事なので、猫のフランス入国のための書類の準備及び、フランス政府発行の証明書も必要になるという事なので、フライト予約時は要注意です。

<フライト編/預け入れ荷物扱い>

ケージも含め8キロ以上の猫の場合や、ヨーロッパ系以外の航空会社を使う場合は、貨物便や荷物室を利用することになります。大きめのケージが利用できるそうです。ワンフライト一頭、二頭等と制限があるので、早めに予約する必要があるそうです。

<フライト編/貨物扱い>

「貨物」として送るのは、かなりハイリスクな気がします。モロッコから日本へ貨物を発送すると、2、3日掛かりますし、予約してあっても次の便に回される事や、雪や雨で外側が濡れる事もあります。冬や夏は温度管理の問題があるため、受け入れ出来ない事もあるそうです。
貨物扱いの場合、サイズに寄りますが通関手数料、送料、検疫料等で合計10万円程度掛かる様です。


期間限定でこちらで暮らしている日本人が最終的に帰国する事になった際に、「気軽に」連れて帰ると言うわけには行かない様です。かなり綿密な準備が必要です。
アメリカやヨーロッパの大都市では、代行業者が居るそうですが、モロッコではすべて自分で手続きしなくてはなりません。また、費用も、人がモロッコから日本に帰る費用よりも掛かるかもしれません。


 

<モロッコ人に貰ってもらう>

連れて帰る事が難しいので近所の人などに貰ってもらうこともある様ですが、最初から、モロッコ人的に付かず離れずの、「近所の猫と仲良くなる、時々家に遊びにくる」的な関係であれば、日本人が帰国した後も、他の近所の人々に何となく面倒を見てもらって幸せに暮らせると思うのですが、仔猫の時から家族の一員的ペットとして飼ってしまうと、たとえ親切なモロッコ人に貰われたとしても、飼い方が全く異なるので環境の変化に慣れるのが大変だと思います。

人の子供ですら、日本のペットほどのケアを受けていない場合が多いモロッコでは、ペットにお金をかけない人がほとんどなので、食事は人間の残り物、予防接種等も受けさせる人はレア、病気になったら、そのまま。猫の寿命は数年と考える人がほとんどです。
また、黒っぽい猫は嫌われる事が多いので貰い手が見つからない可能性も高いです。

ちなみに、病院代は日本に比べるとかなり安い印象ですが、キャットフード等は輸入品なので日本と同じ位。一般的なモロッコ人に取ってはかなり高額です。

例:
ロイヤルカナンキトン2kg:190DH(約2200円)
クリニック診察費:100〜200DH、予防接種一回:100〜200DH
薬代:200DH程度〜

滞在期間限定でモロッコに滞在中に犬や猫を飼おうと考えている方は、飼い始めた瞬間からいつでも帰国できる様に準備する必要があると言っても過言ではありません・・・

モロッコ雑貨&インテリア ディアモロッコ

ディアモロッコ/アマゾン(バブーシュのみ)

彩りの街をめぐる旅 モロッコへ Morocco Guide Book (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー) 

モロッコのバラ色の街 マラケシュへ (旅のヒントBOOK) 単行本(ソフトカバー)

コメントを残す

Required fields are marked *.