ミント・ティー考

モロッコの飲み物といえば「ミント・ティー」
モロッコのことを知らない外国人は、「ミント・ティー」と聞くと健康的なハーブティーをイメージするのですが、ちょっと違います。

モロッコのミント・ティーは、簡単に言うと、中国のガンパウダーを煮出したお茶に山盛りのお砂糖とミントが加えられたもので、モロッコ全土で朝から夜まで飲まれます。

*********************

円錐型をした、巨大な砂糖の塊を、おばあさんが真鍮の金槌のようなものでバンバン!!と勢いよく叩くと、キラキラした砂糖の粉が赤い絨毯の上に飛び散る。
誰も気にしない。
砂糖の塊をポットに二つくらい加えて、にっこり笑ってもう一つ。
一つの塊は100グラムくらい?全部で300グラムは入ったかな。
全部溶けるかどうかは置いておいて5人で割ると一人60グラム・・・。
日本のスティックシュガー約10本分・・・・。

朝起きたら一杯
朝食と一緒に二杯
午前中のおやつの時間に一杯
昼食後に一杯
午後のおやつの時間に一杯
夕方疲れたから一杯

お茶の渋さとミントの爽やかさに誤魔化されて、そこまでお砂糖が入っている感じがしないのだけれど、ん・・・・モロッコ人と一緒に一日中お茶を飲んでいたら一体1日何グラムの砂糖を飲むことになるのだろう。
モロッコの砂糖売り場には、不思議な円錐形の「ミント・ティー専用の砂糖」が売られている。小さいものが1.5キロ、大きいものが2キロだ。
この塊、日本の家庭だったら一ヶ月は持ちそうな気がするけれど、モロッコの一般家庭では2、3日で消費される。

田舎のお葬式に行く時は、砂糖の塊を持参する。お葬式を出す家では、もちろん大量のミント・ティーを用意するので、たくさん使うとは言え、100本、200本と集まれば余るが、後でちゃんと定価で引き取ってもらえるらしい。
モロッコに初めて来た、礼儀正しい外国人観光客は、「暑い国だから甘いものが必要なのですね」と上品に感想を述べるけれど、暑いとは言え甘すぎる。

糖尿病はモロッコの国民病だ。一家に一人、二人は居る。
インシュリンの注射を打ちながら、ミント・ティーを飲み続けていると言う話もよく聞く。

********************
ミント・ティーのお話。
使われるミントの種類の多さとか、季節によって使われる様々なハーブのお話とか、甘くて女子な話題もあるにはあるのですが、ミント・ティーってほとんど砂糖を飲んでいるようなものなのです。

でも、砂糖抜き、砂糖少量の観光客向けミント・ティーというものもあるのですが、全くの別物。日本の緑茶には砂糖が必要ないように、モロッコのミント・ティーには、山盛りの砂糖とフレッシュなミントの束が必要です。

この文章を書いているだけで、あの強烈なミントの香りと、血圧が上がりそうな強烈な甘みを思い出して、懐かしい気持ちになります。

********************

ミント・ティーの入れ方:

ミント・ティー用のティーポットに茶葉を大さじ一杯くらい入れる。
別の薬缶で沸かしておいたお湯を少量注ぎ、茶葉を洗う。(何度か繰り返す)
8分目あたりまでお湯を注ぎ、ポットを直火にかける。
沸騰直前に砂糖の塊を加える。
再沸騰直前に火から下ろし、大量のミントの葉を加える。
しばらく休ませてから、数回ティーカップに注ぎ、ポットに戻す。その際、できるだけ高いところから注ぎ泡立たせるようにする。

砂糖:ポットのお湯が溢れそうになるくらいの量を加える。
ミント:手のひらいっぱいくらいの量。香りの良いものを。

13629453115_8e0fcc7b2b_k

タンジェのカフェ・ハファのミント・ティー
フェズ、タンジェなどのモロッコ北部では、ミントの葉をポットに加えずに、グラスに加えるので見た目が美しい。

13563371424_aeab32e84d_k

ワルザザート近郊でいただいたミント・ティー。南に行けば行くほど、茶葉と砂糖の量が増え、ストロングな味になる。

コメントを残す

Required fields are marked *.