ベニワレン始めます。

160825

160825

今までも、お問い合わせがあるごとに少量仕入れていたベニワレンですが、最近のディアモロッコのバブーシュとよく似合うので、多めに仕入れてみました。

ベニワレンとは、モロッコ北部のタザという街(マルシェバッグの産地です)の近くの、ベルベル人の部族、ベニ・ワレンによって織られるラグのこと。
毛足の長いもの、ナチュラルな色合いのもの、染織されているもの、マントなどいろいろありますが、最近では「ベニワレン」と言えば、このページでご紹介している毛足の長いものを指すことが多いです。

KL10396_08

もともとベニワレンの女性たちの花嫁道具として、婚約から1年の準備期間に織られたもの。遊牧生活の中で、テントの中の寝具として使われていたものです。

柔らかい子羊のウールが使われることが多く、手触りが最高。裸足で歩くと本当に気持ちが良いです。
モロッコと言うと暖かいイメージがありますが、ベニワレンの産地はアトラスの山の中。
冬は雪が積もるような地域のため、かなりしっかり厚みがあります。

KL10396_04

OTID005

OTNK01_5

柄は、濃いグレーやチャコールの幾何学模様がほとんど。
使いやすい色柄と、質の良さが人気で、最近は良質なベニワレンの価格はうなぎのぼり。
次回仕入れ時に、今回と同じ価格で仕入れられるかどうかは・・・わかりません。
来週にはオンラインショップでご紹介できると思います。

 

Related posts:

モロッコのマルシェバッグ

コメントを残す

Required fields are marked *.