アガディールの夕陽・1日目

IMG_3899

我が家の子供達は、モロッコ人がほとんどの私立学校に通っているので、例年の年末年始のお休みは、クリスマス当日と元旦のみ。

31日まで会社も学校もあり、新年は、1/2から。なんとも、年始感のない、一年の幕開けなのですが、今年は嬉しいことに、曜日がよく、24日から27日まで四連休。その上、新年も、三が日がちょうど金土日にあたりお休みです。

普段は、子供達の学校の休暇中も、仕事があり、夫か私のどちらかがマラケシュに残らなくてはならない為、なかなか家族揃って旅行という訳には行かないのですが、今回のお休みはマラケシュの会社もお休み。

ということで、家族水入らずでアガディールに行ってきました。

アガディールは、大西洋に面した海辺の街で、日本人観光客には馴染みが薄い街ですが、年間を通して暖かいので、ヨーロッパからの観光客が避寒に訪れる観光地です。

    • とにかく、仕事を離れてのんびりする。
    • 美しい夕陽を楽しむ。海辺を楽しむ。
    • 新鮮なお魚を食べて、買って帰る。
    • 帰りに新鮮なアルガンオイルとアムルーを手に入れる。

が、今回の旅のテーマ。

マラケシュを一歩出ると、荒野。
モロッコ音楽を聞きながら、ひたすら走ります。

IMG_3806

IMG_3807

ガソリンスタンドで売られていたお人形・・・シュール。

IMG_3823

子供達がクロコダイルパークに行きたいというので入場。

http://www.crocoparc.com/

IMG_3828

 

4ヘクタールの敷地内に300匹のワニがいます。というか、ひたすらどこを見ても、ワニがピクリとも動かずに寝ています。
・・・・
もともと爬虫類は苦手。ワニに強く興味がある方はぜひ。

IMG_3863

IMG_3912

IMG_3899

IMG_3916

IMG_3948

IMG_3953

IMG_3956

クリスマスプレゼントに届いたばかりのモノポリーを娘が持参していたので、夜はホテルでモノポリー大会。
と言っても、夫はアガディール在住の友人のところに行ってしまったので、フランス語が怪しくモノポリーのルールも怪しい私と、言葉は割とできるけれど、ゲームに出てくる言葉や概念(不動産の売買とか債権とか、抵当とか)がよくわかっていない9歳の娘と、サイコロの数を足すので精一杯の6歳の息子の三人・・・・
娘が説明書をざっと読み、解説してくれたところによると・・・「サイコロを振って、出た数が土地に止まったら、家が建てられる。家を建てるとレンタル権が生じて、他のプレイヤーからレンタル料を徴収できる。その他カードが出たらその指示に従う」ということでゲームスタート。(本当は全然違います)

・・・・全部の土地に家が建ってしまい家が足りなくなったのに全くゲームは終わる気配なし。
多分何か間違えているんだろうなあと思いつつ、息子もそれなりに楽しんでプレイしているので、しばらく続けましたが二時間経っても終わりません。
ということで時間を区切って、手持ちの現金と土地の評価額を足して一番多かった人を勝ちとする、ということにしたところ、なんと一番はひたすら土地を買いまくっていた6歳の息子でした!
後で気になって正式なルールを調べたところ、子供達には難しすぎるので、しばらくの間は我が家ルールで遊ぶことになりそうです。
ただし時間制限付きで。

Related posts:

マラケシュ時間
代官山蔦屋へのファンレター
気温45度ってどんな感じ?
ただいま、マラケシュ
お引越し〜サロン編1
マラケシュ・クリスマス事情
アガディールの夕陽・2日目&3日目

コメントを残す

Required fields are marked *.